アフリカトガリネズミ目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アフリカトガリネズミ目
Tanrek.jpg
地質時代
中新世 - 現代
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
亜綱 : 獣亜綱 Theria
下綱 : 真獣下綱 Eutheria
上目 : アフリカ獣上目 Afrotheria
: アフリカトガリネズミ目 Afrosoricida
学名
Afrosoricida Stanhope, 1998

アフリカトガリネズミ目(アフリカトガリネズミもく、Afrosoricida)は、哺乳綱獣亜綱真獣下綱アフリカ獣上目に属するである。テンレック目 (Tenrecomorpha) とも。

アフリカ大陸マダガスカル島に生息する、トガリネズミに似た小動物である。

分類[編集]

上位分類[編集]

かつては食虫目テンレック亜目として含められていたが、分子系統学的解析により、主要な食虫目(真無盲腸目、現在のハリネズミ目トガリネズミ目)が含まれるローラシア獣上目ではなく、アフリカ獣上目の系統であることが明らかになった。[1]

下位分類[編集]

テンレック亜目 Tenrecomorpha : テンレック (マダガスカル)、ポタモガーレ (西部及び中央アフリカ) など現生10属30種。

プロテンレックは中新世のアフリカ大陸に生息した初期のテンレック[2]。現在アフリカ大陸に生息しているのは、最初期(約4,700万年前)に分岐したポタモガーレ亜科のみである。それ以外のテンレック亜科、ジネズミテンレック亜科、コメテンレック亜科はマダガスカル島に生息する。この3系統の共通祖先がマダガスカルに渡ったのは、4,700万 - 2,900万年前と推定されている。また、アフリカに残ったポタモガーレ亜科以外のテンレックは、約2,000万年前に地続きとなったユーラシア大陸から渡来したトガリネズミハリネズミ達との生存競争に敗れ、絶滅していったと推定されている。[3]

†は絶滅

キンモグラ亜目 Chrysochloridea : キンモグラ (アフリカ サハラ南部) など現生9属21種

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『動物の起源と進化』 22頁
  2. ^ 『絶滅哺乳類図鑑』 62頁
  3. ^ 『動物の起源と進化』 106 - 107頁

参考文献[編集]

  • 長谷川政美 『新図説 動物の起源と進化 書き換えられた系統樹』 八坂書房2011年、23 - 24, 106 - 107, 109頁。ISBN 978-4-89694-971-1
  • 富田幸光 『絶滅哺乳類図鑑』 伊藤丙雄、岡本泰子、丸善2002年、62頁。ISBN 4-621-04943-7