グリレス大目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グリレス大目
Glires
Kangaroo-rat.jpg
地質時代
暁新世初期 - 現存
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
下綱 : 正獣下綱 Eutheria
上目 : 真主齧上目 Euarchontoglires
大目 : グリレス大目 Glires
下位クレード

グリレス大目 (Glires) はネズミ目ウサギ目からなる分類枝。グリレス (glīrēs) はラテン語ヤマネ科を意味する。これらが単系統群をなすという仮説は形態的な根拠に基づき長い間討議されてきた。細胞核DNAのデータはグリレス大目が真主獣大目と姉妹群たることを示す(Murphy et al. and Madsen et al. 2001)が、核とミトコンドリア両方のDNAのデータでは根拠が薄い(Arnason et al. 2002)。レトロトランスポゾンの有無による研究データは明白にグリレス仮説を証明している(Kriegs et al. 2007)。

系統と分類[編集]

現生2目、絶滅3目の、計5目が含まれる。ただし、混歯目は側系統の可能性が高い。

単歯類と重歯類は、門歯が1対か2対かで特徴付けられる。

真主齧上目
グリレス大目

アナガレ目 Anagalida



単歯類 Simplicidentata

混歯目 Mixodontia



ネズミ目 Rodentia



重歯類 Duplicidentata

ミモトナ目 Mimotonida



ウサギ目 Lagomorpha






真主獣大目



参考文献[編集]

  • Madsen O., M. Scally, C. J. Douady, D. J. Kao, R. W. DeBry, R. Adkins, H. M. Amrine, M. J. Stanhope, W. W. de Jong, M. S. Springer, 2001 Parallel adaptive radiations in two major clades of placental mammals Nature 409:610-614. [1]
  • Murphy W. J., E. Eizirik, W. E. Johnson, Y. P. Zhang, O. A. Ryder, S. J. O'Brien, 2001a. Molecular phylogenetics and the origins of placental mammals Nature 409:614-618. [2]
  • Ulfur Arnason, et al. Mammalian mitogenomic relationships and the root of the eutherian tree. Proceedings of the National Academy of Science 99: 8151-8156. [3]
  • Jan Ole Kriegs, Gennady Churakov, Jerzy Jurka, Jürgen Brosius, and Jürgen Schmitz (2007) Evolutionary history of 7SL RNA-derived SINEs in Supraprimates. Trends in Genetics 23 (4): 158-161 [4] (PDF版 [5])