束柱目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
束柱目 Desmostylia
パレオパラドキシアの骨
地質時代
漸新世後期 - 中新世後期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
亜綱 : 獣亜綱 Theria
下綱 : 真獣下綱 Eutheria
上目 : アフリカ獣上目 Afrotheria
: 束柱目 Desmostylia
Reinhart, 1953
  • デスモスチルス科
  • パレオパラドキシア科
  • コルンワリウス科

束柱目(そくちゅうもく、Desmostyliaギリシア語で「束ねられた柱」の意)は既に絶滅した海棲哺乳類の一つである。漸新世後半のチャッティアン期から中新世後半のトートニアン期にかけて生息していた。その歯と骨格は、束柱目の動物が沿岸に暮らす水陸両棲の草食動物であったことを示唆している。彼らの名前は、その極めて特徴的な臼歯(文字通り、円柱を束ねたような構造をしている)に由来する。海棲に適応した哺乳類のグループとして束柱類、海牛類鯨類鰭脚類の四つが挙げられるが、このうち束柱類の生存が確認されるのは比較的短い期間であり、棲息域や種の数においてもあまり大きなグループではなかった。その絶滅原因は地球の寒冷化が進んだためではないかとされるも、はっきりしたことは解っていない。

研究の歴史[編集]

世界で最初に発見されたデスモスチルスDesmostylus japonicus)の頭骨の化石。ホロタイプ岐阜県瑞浪市産出。日本で初めて絶滅哺乳類の新種として記載された標本(国立科学博物館の展示)[1]

束柱目に属する動物の化石は環太平洋地域の北部、つまり日本南部からロシアアリューシャン列島、そして(カリフォルニア半島の先端までの)北アメリカ大陸西海岸で発見されている。模式種たる Desmostylus hesperus は数本の歯と椎骨から、初めは(1888年にオスニエル・チャールズ・マーシュによって)海牛目に分類されたが、10年後に日本でより完全に近い化石が発見されるとその分類に疑問が呈された。1898年、日本の古生物学者・吉原重康(しげやす)[2]および岩崎重三(じゅうぞう)[2]と共同研究中であったヘンリー・フェアフィールド・オズボーンが、頭蓋骨と牙における初期のマストドン類との類似性から、長鼻目起源説を提案した。ジョン・C・メリアム(John C. Merriam, 1869 - 1945)は臼歯の構造に基づいて、デスモスチルスが水棲の動物であり、恐らくは海牛目であろうと結論づけた。他の科学者たちは単孔目説を唱えた。なぜならば当時デスモスチルスは頭蓋骨の破片・歯・他の骨のごく一部しか発見されておらず、身体的特徴としてはひれ足と尾びれを有することが推測されていたに過ぎなかったからである。しかしながら1941年に樺太で発見された完全な骨格は、彼らがカバのそれと似た太い四本の脚を持っていたことを明らかにし、1953年にはロイ・H・ラインハルト(Roy H. Reinhart)により束柱目という目が新設された。

他の分類群との関係[編集]

ゾウマナティーを除けば、デスモスチルスは現存のいかなる動物とも似ていない。ダグラス・エムロング(Douglas Emlong)は1971年にオレゴン州で新種Behemotopsを発見し、初期の束柱目が後期の種に比べ、より長鼻目に類似した歯と顎を持っていたことを明らかにした。しかしこの発見にも関わらず、海牛類及び他の有蹄類との関係は未解明なまま残されている。束柱類はアフリカ獣上目における植物食有蹄動物群である近蹄類に属すとされ、その中のテティス獣類(長鼻類や海牛類も含まれるグループ)の一員であるとみなされている。

デスモスチルスは体長1.8m、推定体重200kg超まで成長した。

分類[編集]

束柱目の下位分類を示す。生息年代は古生物学事典[3]などに依った。

出典[編集]

  1. ^ 国立科学博物館 デスモスチルス
  2. ^ a b たかしよいち『まぼろしの怪獣 - デスモスチルス発見物語』偕成社、1971年
  3. ^ 日本古生物学会 編 『古生物学事典』 朝倉書店、1991。 ISBN 4-254-16232-4

関連項目[編集]

外部リンク[編集]