ヘンリー・フェアフィールド・オズボーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Henry Fairfield Osborn

ヘンリー・フェアフィールド・オズボーンHenry Fairfield Osborn, 1857年8月8日1935年11月6日)はアメリカ合衆国古生物学者、地質学者である。優生学論者でもあった。

1857年コネチカット州、フェアフィールドに生まれる。1877年プリンストン大学を卒業後イギリスに渡り、動物学者のF.M.バルフォア、T.H.ハクスリーらに師事した。帰国後、1883年プリンストン大学の比較解剖学の教授に就任した。1891年にはコロンビア大学生物学の教授に就任し、また1896年からは動物学の教授を務めた。1891年アメリカ自然史博物館キュレーターに就任し、自らが長を務める古脊椎動物部門を設置した。1908年1933年の長きにわたり館長を務め、在任中には同博物館に世界最高レベルの化石コレクションを収集した。古生物学者エドワード・ドリンカー・コープに師事しており、コープの化石コレクションの多くもコープの死後同博物館に移された。1877年コロラド州ワイオミング州を筆頭に、北アメリカ西部をはじめアジアアフリカに意欲的に化石発掘団を派遣した。

研究の専門は化石哺乳類(サイブロントテリウム長鼻類ウマ)でこれらの研究から適応放散平行進化などの概念を立てた。 また、数多くの恐竜類の命名、記載者としても知られ、1905年ティラノサウルス・レックス1923年ペンタケラトプス1924年ヴェロキラプトルなどが有名。特に本当はライディーのデイノドンの可能性があった化石に対し疑わしい属名ではなく状態のよい標本に対し響きもよいティラノサウルス・レックス(暴君竜の王)をあたえ普及させた功績は大きい。

自身の研究活動や、研究支援活動を通じてアメリカの古脊椎動物学の発展に大きく貢献し指導的立場にあった。本人も大いに自負し時には尊大と思われる行為も行ってはいるが評価は得ている。

一方でオズボーンの寄与にはほとんど評価を受けていないものもある。化石哺乳類とくに絶滅長鼻類の研究から、今日では疑わしい説とされるラマルキズムに傾倒した定向進化説を支持したことや、そこから派生した優生学に関する活動がこれらに該当する 。 著書としては多大な影響力を発揮した教科書『哺乳類の時代』(The Age of Mammals1910年)が時に有名。他に『Man of the old stone age』 、1915年、『The origin and evolution of life』、1917年などがある。

論文[編集]

参考文献[編集]

ウィキメディア・コモンズには、ヘンリー・フェアフィールド・オズボーンに関するカテゴリがあります。