エルンスト・マイヤー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エルンスト・ウォルター・マイヤー
Ernst Walter Mayr
人物情報
生誕 1904年7月5日
ドイツの旗 ドイツ帝国 Kempten im Allgäu
死没 2005年2月3日(満100歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マサチューセッツ州 ベッドフォード
国籍 ドイツの旗 ドイツ
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
学問
研究分野 進化生物学
主な受賞歴 ダーウィン=ウォレス・メダル(1958年)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

エルンスト・ウォルター・マイヤーErnst Walter Mayr, 1904年7月5日 - 2005年2月3日) はドイツ生まれの生物学者である。メンデル遺伝学ダーウィン進化論を総合する生物進化ネオダーウィニズム(総合説)の形成に関わった。鳥類の分化の研究などをおこなった。

1953年からハーバード大学の教職に就き、1975年に定年退職してハーバード大学のアレキザンダー・アガシー記念動物学名誉教授となった。1904年生まれの長寿の自然科学者で100歳の誕生日にサイエンテフィク・アメリカン誌のインタービューを受けた。生物学以外にも、科学史科学哲学などの著書があり、とくに生物学史と生物学哲学の分野の開拓者として知られる。[1]

19歳のとき、ドイツでたまたまアカハシハジロを見つけ、鳥類学者エルヴィン・シュトレーゼマン(Erwin Stresemann)に紹介されたことから鳥類学の研究を始めた。当時、アカハシハジロは77年間も目撃例がなく絶滅したと考えられていたうえに、写真や映像の撮影に成功したわけではなかったので、その発見には疑いがもたれた。しかし、シュトレーゼマンはマイヤーの知識、観察力、識別能力を試した後に、発見を確信しただけでなく、自分のもとで働くようマイヤーを誘った。[2]その後アメリカ自然史博物館に移り、鳥類の剥製のロスチャイルド・コレクションの形成に重要な役割をはたした。

集団遺伝学J・B・S・ホールデンなどの進化に対する数学的アプローチに批判的で、その手法を「ビーン・バッグ(豆袋)」にたとえて批判した。同様にカール・ウーズなどの分子進化生物学にも批判的である。

多くの著書のなかでマイヤーは進化をひきおこす要因が単一の種にたいしてだけでなく、すべての種に加わること、他の種の存在によってある種が影響をうけることを論じて、進化における還元主義(reductionism)に反対している。隔離された種の進化のみを扱わない研究を支持している。

近年の進化と種の分化の分子学的研究は、鳥のような移動性の大きい生物が局所的種分化(allopatric speciation)を起こすのが一般的であるにもかかわらず、昆虫などの無脊椎動物が同所的種分化(sympatric speciation)を起こす場合の多いことを示している。

受賞[編集]

参考資料[編集]

ウィキメディア・コモンズには、エルンスト・マイヤーに関するカテゴリがあります。

  • ^ Carol Kaesuk Yoon, "Ernst Mayr, 100, Premier Evolutionary Biologist", New York Times. Published: February 4, 2005: http://www.nytimes.com/2005/02/04/science/04cnd-mayr.html
  • ^ ニューヨーク・タイムズ紙のマイヤー訃報記事を執筆したキャロル・キサク・ヨーンは、著書『自然を名づける: なぜ生物分類では直感と科学が衝突するのか』(三中信宏・野中香方子訳, NTT出版, 2013年, pp. 97〜305)において、アカハシハジロ発見以降のマイヤーの業績、分岐学者を含む他の研究者との論争や、自信に満ちていながら古風で紳士的な人柄などを紹介している。