デービッド・M・S・ワトソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デービッド・M・S・ワトソン
人物情報
生誕 1886年6月18日
イギリスの旗 イギリス ランカシャー州
死没 1973年7月23日(満87歳没)
出身校 マンチェスター大学
学問
研究分野 動物学比較解剖学
研究機関 ロンドン自然史博物館ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン
主な受賞歴 ダーウィン・メダル(1942年)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

デービッド・メレディス・シアーズ・ワトソン(David Meredith Seares Watson、1886年6月18日 - 1973年7月23日)はイギリス動物学者比較解剖学者である。脊椎動物、特に爬虫類化石の研究を行った。海外を調査し、化石のコレクションを造った。

略歴[編集]

ランカシャー州サルフォード近くの Higher Broughton で生まれた。父親は金属学者のデービッド・ワトソン(David Watson)である。

マンチェスター大学で学んだ。地質学を学び、炭田植物化石を研究し、後に女性運動家として有名になるマリー・ストープス(Marie Stopes) と共著で論文を発表した。修士号をとった後も、ロンドン自然史博物館で化石の研究を続け、南アフリカオーストラリアアメリカ合衆国も訪れた。1912年にユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンの脊椎動物古生物学講師に任じられた。

第一次世界大戦の始まりで1916年に研究は中断され、海軍空軍に従軍し、空軍では気球飛行船の設計にかかわった。終戦で大学に戻り、1921年にユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンの動物学比較解剖学教授に任じられた。

1931年に政府の農業研究協議会 (Agricultural Research Council) に選ばれ、1937年にはアメリカのイェール大学講義を行った。第二次世界大戦時には任じられ、ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンの動物学部をウェールズBangor へ退避させる指揮をとり、内閣の食糧政策委員会の科学技術小委員会の事務長を務めた。

受賞歴[編集]

著書[編集]

  • "Palaeontology and the Evolution of Man", Romanes Lecture, Oxford, 1928
  • The Animal Bones from Skara Brae (1931)
  • "Science and Government", the Earl Grey Memorial Lecture, Newcastle-upon-Tyne, 1942
  • "Paleontology and Modern Biology", the Silliman Memorial Lecture, Yale University, 1951

関連項目[編集]

外部リンク[編集]