アレキザンダー・アガシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
'
Alexander Emanuel Agassiz
人物情報
生誕 1835年12月17日
スイスの旗 スイス ヌーシャテル
死没 1910年3月27日(満74歳没)
出身校 ハーバード大学
学問
研究分野 魚類学海洋学
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

アレキザンダー・アガシー(Alexander Emanuel Agassiz、1835年12月17日 - 1910年3月27日)はルイ・アガシーの息子で、アメリカ合衆国エンジニア海洋学者である。

スイスヌーシャテルで生まれた。1849年にルイ・アガシーとともにアメリカ合衆国に移った。1855年にハーバード大学を卒業し、1852年合衆国の沿岸測量部の助手に雇われた。

海洋魚類学を専門としたが、知り合いのE.J.ハルバートの有望な鉱山を発見したことから、鉱山に関する仕事に専念することになった。友人と鉱山の資本を購入し、これは後の Calumet になった。1866年までは、父親がハーバード大学に設立した自然史博物館のアシスタントとして働いたが、その後は、義理の兄弟のクウィンシー・アダムス・ショーと銅山の経営に時間をさき、1871年に Calumet と Hecla Mining Company の社長となった。

銅鉱山の資産からハーバード大学の比較動物学博物館などにの500,000ドルの寄付をした。1875年にペルーチリの銅山開発のための調査でチチカカ湖を調査し、多くの学術的なサンプルを、比較動物学博物館のために収集した。1872年にチャレンジャー号海洋調査によって集められた資料の調査と分類を手伝った。全米科学アカデミーの会長を務めた。

アレキザンダー・アガシー・メダル[編集]

全米科学アカデミー海洋科学に関する貢献に与えるアレキザンダー・アガシー・メダル (Alexander Agassiz Medal) を創設した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]