フランシス・ゴルトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランシス・ゴルトン
人物情報
生誕 1822年2月16日
死没 1911年1月17日
国籍 イギリス
出身校 ケンブリッジ大学
キングス・カレッジ・ロンドン
学問
研究分野 遺伝学生物測定学),
統計学,人類学,博物学
博士課程
指導教員
ウィリアム・ホプキンス
博士課程
指導学生
カール・ピアソン
主な受賞歴 ダーウィン・メダル(1902)
コプリ・メダル(1910)
テンプレートを表示

フランシス・ゴルトン(Sir Francis Galton1822年2月16日 - 1911年1月17日)は、イギリス人類学者統計学者探検家、初期の遺伝学者フランシス・ゴールトンとも。母方の祖父は医者・博物学者のエラズマス・ダーウィンで、進化論で知られるチャールズ・ダーウィンは従兄にあたる。

生涯[編集]

生い立ち[編集]

父は裕福な銀行家のサミュエル・テルティウス・ゴルトン、母ビオレッタはエラズマス・ダーウィンの娘で、チャールズ・ダーウィンの父ロバート・ウォーリングとは異母兄妹であった。キングス・カレッジ・ロンドンでしばらく医学を学んだ後、ケンブリッジ大学数学を学ぶ。ケンブリッジ大学卒業からまもなく父が死ぬとその遺産で世界各地を旅し、アフリカの探検記を著した。探検の成果は、英国とフランスの地理学会から表彰された。ゴルトンにアフリカ探検を勧めたいとこのダグラス・ゴルトンが、フローレンス・ナイチンゲールのいとこと結婚した関係から、ナイチンゲールより大学への統計学講座寄付の相談を受け、後年、自らが実現することになる[1]1859年、いとこのチャールズ・ダーウィンが、『種の起源』を出版したことに刺激を受け、遺伝の問題を統計学で解決しようと思い立ち、研究を開始した。

優生学と近代統計学の父[編集]

ダーウィンの進化論の影響を受け、心的遺伝への興味から出発し、人間能力の研究、優生学(eugenics)、相関研究を含む統計的研究法を発達させ、今日の個人的心理学の基礎をつくった。

彼は、1883年に優生学という言葉を初めて用いたことで知られている。1869年の著書『遺伝的天才』(Hereditary Genius)の中で、彼は人の才能がほぼ遺伝によって受け継がれるものであると主張した。そして家畜の品種改良と同じように、人間にも人為選択を適用すればより良い社会ができると論じた。当時のイギリスでは産業革命からしばらく過ぎ、社会主義思想の広まりとともに労働者の環境も改善されつつあったが、ゴルトンは社会の発展のためには環境の改善よりも生物学的な改良が有意義だと信じていた。

統計学における貢献としては、平均への回帰と呼ばれる現象についての記述を初めて行ったことや、相関係数の概念の提唱などが挙げられる。

ゴルトンはヴィルヘルム・ヴント同様内観に優れた人物で、心像(image)の研究は有名である。しかしゴルトンは学派を持たなかったので、ヴントほど影響は与えなかった。やがて、ジェームズ・キャッテルらによる個人差の研究、mental testが、新大陸アメリカで目覚ましい発展を遂げたのである。

1904年ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンにゴルトン研究室が設立された。1907年、死去の直前には大学に遺産を寄贈し、優生学と統計学の教授職が設立された。初代教授には教え子で共同研究者でもあったカール・ピアソンが就任し、エゴン・ピアソンイェジ・ネイマンロナルド・フィッシャーと継がれていった。ゴルトン研究室にはライオネル・ペンローズJ・B・S・ホールデン、シェイラ・メイナード=スミス(ジョン・メイナード=スミス夫人)、セドリック・スミスW.D.ハミルトンジョージ・プライスらが所属していたことがあり、2000年に閉鎖されるまで人類遺伝学統計学数理生物学の発展の原動力となった。

その他の研究[編集]

『遺伝の理論(1875)』ではダーウィンのパンゲン説ウサギの輸血実験から確かめようとし、パンゲン説を否定してスタープ説を提唱した。これは獲得形質が遺伝しないことを主張した初期の研究である。指紋についての論文の発表や本の出版も行っており、指紋を利用して犯罪者の特定を行う捜査方法の確立にも貢献している。競馬においてゴルトンの法則で知られる。「祈り」の効果を科学的に検証しようと試み、毎週国民から健康を祈願されている英国王族も、ほかの裕福な貴族と平均寿命は変わらないことを発見した。他にも気象の研究など、幅広い分野で研究を残している。

受賞歴ほか[編集]

ゴルトンは1853年に、アフリカ南部内陸の探険の成果に対し、ロンドンの王立地理学会から金メダル(創立者メダル)を授与された[2]1860年にロンドン王立協会会員に選出された[3]1902年ダーウィン・メダル1908年ダーウィン=ウォレス・メダルのシルバーメダルを受賞した。1909年にはナイトに叙されている。1910年コプリ・メダルを受賞した。

脚注[編集]

  1. ^ 『ナイチンゲールは統計学者だった!-統計の人物と歴史の物語-』(3章にゴルトンの伝記あり)丸山健夫 日科技連出版社 2008年 ISBN 9784817192738
  2. ^ Gold Medal Recipients (PDF)”. Royal Geographical Society. 2014年4月22日閲覧。
  3. ^ Galton; Sir; Francis (1822 - 1911)” (英語). Library and Archive catalogue. The Royal Society. 2011年12月11日閲覧。

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、フランシス・ゴルトンに関するカテゴリがあります。 フランシス・ゴルトンの紹介(英語)