金メダル (王立地理学会)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

金メダル(きんメダル、英語: Gold Medal)は、イギリス王立地理学会 (the Royal Geographical Society, RGS) が授与する最も権威ある賞。金メダルには、1830年に制定された創立者メダル (the Founder's Medal 1830) と、1838年に制定されたパトロンズ・メダル (the Patron's Medal 1838) の2種類がある。この賞は、「地理的科学及び発見の奨励、推進 (the encouragement and promotion of geographical science and discovery)」のために授与されるものであり、受賞者の決定に際しては、国王の裁可を要するものとされている。

歴史[編集]

この賞の起源は、「地理的科学及び発見の奨励、推進のための奨励金」として、当時の国王ウィリアム4世1831年から毎年50ギニーを下賜したことにある。最初期には受賞者には賞金として下賜金が与えられたが、1836年から1838年には、ロイヤル・メダルとして金メダルが与えられるようになり、1839年以降は、等しく価値をもつとされるふたつのメダル、創立者メダルとパトロンズ・メダルが与えられることとなった[1]。創立者メダルの表面にはウィリアム4世、パトロンズ・メダルの表面には、1937年に即位したヴィクトリア女王の肖像が刻まれている[1]

この賞は、著名な地理学者たちに与えられてきており、受賞者の中には、デイヴィッド・リヴィングストン(1855年受賞)、ナイン・シング・ラワットNain Singh Rawat:1877年)、フェルディナント・フォン・リヒトホーフェン男爵(1878年)、アルフレッド・ラッセル・ウォレス(1892年)、ウィリアム・ウッドヴィル・ロックヒル(1893年)や、20世紀以降では、ウィリアム・モーリス・ディヴィス教授(1919年)、サーハルフォード・ジョン・マッキンダー(1945年)、リチャード・チョーリー教授(1987年)、デヴィッド・ハーヴェイ教授(1995年)らが含まれている。

おもな受賞者[編集]

以下のリストには、王立地理学会の資料に準じ、下賜金として50ギニーが授与された最初期の受賞者、およびロイヤル・メダルが授与された受賞者(いずれも創立者メダル受賞者としている扱われている)、および、例外的にクロノメーターが贈られた例を含んでいる[2]。氏名の後には、おもな業績、または、活動領域を記し、さらに必要に応じて特記事項を追加した。氏名の称号、階級等は参照しているRGSの資料に準拠している。

1830年代[編集]

1840年代[編集]

1850年代[編集]

1860年代[編集]

1870年代[編集]

1880年代[編集]

1890年代[編集]

1900年代[編集]

1910年代[編集]

1920年代[編集]

1930年代[編集]

1940年代[編集]

1950年代[編集]

1970年代[編集]

1980年代[編集]

1990年代[編集]

2000年代[編集]

2010年代[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b History of the medals and awards”. Royal Geographical Society. 2014年4月2日閲覧。
  2. ^ 2011年までの受賞者は、RGSが公開しているリストによる。Medals and Awards, Gold Medal Recipients (PDF)”. Royal Geographical Society. 2014年3月26日閲覧。
  3. ^ 2012 medals and awards”. Royal Geographical Society. 2014年4月4日閲覧。