ジェームズ・キャッテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェームズ・キャッテル

ジェームズ・キャッテル(James McKeen Cattell、1860年5月25日 - 1944年1月20日)はアメリカの心理学者。ケンブリッジ大学、ペンシルベニア大学を経て、コロンビア大学心理学科長を務めた。

19世紀当時、新大陸アメリカでの心理学は、アメリカ心理学の祖ウィリアム・ジェームズが、ドイツのヴィルヘルム・ヴントが開始した実験心理学を導入し、その上で心の機能的的意味を強調するところから発展した。当時のアメリカの学生の多数がヴントの下で学び、帰米して、各地方に実験場を開設した。それで表面上はドイツ的であったが、内容はヴントよりむしろフランシス・ゴールトンに近いものであった。

キャッテルは、そんなアメリカ心理学の指導者の一人で、個人差の研究に貢献した人物だった。彼の研究には反応時間の研究、連想時間の測定、読書時間、誤差の法則、mental testなどがあり、クラーク・ハルエドワード・ソーンダイクジョン・ワトソンなどにも影響を与えた。