ヨハネス・シュミット (生物学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨハネス・シュミット
人物情報
生誕 1877年1月2日
死没 1933年2月21日(満56歳没)
学問
研究分野 海洋生物学
研究機関 カールスベルグ研究所
主な受賞歴 ダーウィン・メダル(1930年)
アレキザンダー・アガシー・メダル(1930年)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

ヨハネス・シュミット(Johannes Schmidt、1877年1月2日 - 1933年2月21日)はデンマーク海洋生物学者コペンハーゲンカールスベルグ研究所所員。

ヨーロッパウナギ産卵場所の研究に一生をささげ、デーナ号大西洋の広域な海洋調査を行い、ついに10mm未満のウナギの幼魚レプトセファルスが大西洋バミューダ島南東の海中で発見されたことから、サルガッソー海が産卵場所であることを突き止めた。

後に1928~30年にデーナ号で世界周航の探検をして、綿密な海洋観測を多くの観測点で行うとともに、ウナギの幼魚について基本的な調査を遂行した。

関連項目[編集]