ペガサス野獣類

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ペガサス野獣類
Pegasoferae
Big-eared-townsend-fledermaus.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
上目 : ローラシア獣上目 Laurasiatheria
階級なし : 野獣真蹄類 Scrotifera
階級なし : ペガサス野獣類 Pegasoferae

ペガサス野獣類(ぺがさすやじゅうるい、Pegasoferae)は哺乳類クレードとして提唱されたものの一つ。翼手目(コウモリ目)・奇蹄目(ウマ目)・有鱗目(センザンコウ目)・食肉目(ネコ目)の4目を総称する。2006年に東京工業大学岡田典弘らがゲノム内のレトロトランスポゾンの挿入位置を分析した結果、この「予期せぬクレード」"Unexpected Clade"を主張した。

従来、奇蹄目については、伝統的な有蹄類の分類を襲って鯨偶蹄目とともに真有蹄類 (Euungulata) とする分類と、野獣類(食肉目+有鱗目)と統合して友獣類 (Zooamata) とする分類の2説があった。また、翼手目については他の動物との系統関係が不明であった。岡田らは、友獣類のクレードを支持し、さらに翼手目も加えたクレードを「ペガサス野獣類」と名づけた。これはウマとコウモリの翼がギリシア神話のペーガソスを連想させることによる。

系統表の中ではしばしば野獣真蹄類 (Scrotifera) の下位に置かれる。また、岡田らは食肉真蹄類 (Fereuungulata) のクレードを否定しているにもかかわらず、このクレードの下位にペガサス野獣類が置かれることもある。