真主獣大目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
真主獣大目
Euarchonta
Anathana ellioti.jpg
地質時代
白亜紀後期] - 現存
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
下綱 : 正獣下綱 Eutheria
上目 : 真主齧上目 Euarchontoglires
大目 : 真主獣大目 Euarchonta

真主獣大目(しんしゅじゅうだいもく、Euarchonta)は、ヒヨケザル目ツパイ目プレシアダピス目(絶滅)・サル目の4つのを束ねる分類枝。

この用語が最初に一般的な科学研究論文に現われたのは1999年のことで、このときに、分子生物学的証拠から、形態学的な分類である主獣区(Archonta)からコウモリ目を除いて、真主獣大目が成立した。細胞核の主要なDNA配列解析[1]が真主獣仮説(真主獣大目とされる4目が単系統であるとする仮説)を裏付ける一方、ミトコンドリア配列は異なる系統樹を描く[2]。しかしながら、レトロトランスポゾン有無のデータは、明らかに真主獣大目を証明する[3]

一部の分子データの解釈では、サル目とコウモリ目が霊長型類(Primatomorpha)というツパイ目の姉妹群に属するとされる。一部のコウモリ目では、姉妹群というよりもサル目の一部となる。別の解釈では、コウモリ目とツパイ目が一緒にサル目の姉妹群となり真主獣大目とされる。

真主獣大目は、グリレス大目と共に、真獣下綱の4つの上目の一つたる真主齧上目を構成する。

真主齧上目 Euarchontoglires
グリレス大目 Glires

ネズミ目 Rodentia



ウサギ目 Lagomorpha



真主獣大目 Euarchonta

ツパイ目 Scandentia


霊長形類 Primatomorpha

ヒヨケザル目 Dermoptera




プレシアダピス目 Plesiadapiformes



サル目 Primates






出典[編集]

  1. ^ Murphy W. J., E. Eizirik, W. E. Johnson, Y. P. Zhang, O. A. Ryder, S. J. O'Brien, 2001a. Molecular phylogenetics and the origins of placental mammals Nature 409:614-618. [1]
  2. ^ Ulfur Arnason, et al. Mammalian mitogenomic relationships and the root of the eutherian tree. Proceedings of the National Academy of Science 99: 8151-8156. [2]
  3. ^ Jan Ole Kriegs, Gennady Churakov, Jerzy Jurka, Jürgen Brosius, and Jürgen Schmitz (2007) Evolutionary history of 7SL RNA-derived SINEs in Supraprimates. Trends in Genetics 23 (4): 158-161 [3] (PDF版[4])