ツパイ目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ツパイ目
Scandentia
コモンツパイ
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
亜綱 : 獣亜綱 Theria
上目 : 真主齧上目 Euarchontoglires
: ツパイ目 Scandentia
和名
ツパイ
英名
treeshrew

ツパイ目(ツパイもく、Scandentia)は脊椎動物亜門 哺乳綱の1登木目登攀目などとも呼ばれる。現生では2科5属16種のみがツパイ目に属する。ツパイマレー語: tupai)と総称される。古くは「キネズミ」と呼ばれた。

外見、行動はリスに似ているが、系統的には全く別の動物である。昆虫果実を食べ、東南アジア熱帯雨林に生息している。樹上性で、長い尾を持ち、やや細身のリスのような姿である。頭部は鼻が尖り、耳が小さい。

基本的な体の構成はモグラ目のものに似ている。しかし、や目が大きい点でサル目に似た外観をしているが、サル目に比べ原始的な頭骨をしている。そのため、最も原始的な霊長目(のちのサル目)のメンバーと考えられたこともあった。

現在では、その形質は非常に原始的な哺乳類の特徴をよく残したものであると認められ、独立した目とされている。

生態[編集]

2008年のアメリカ科学アカデミー紀要(PNAS)によると、自然界に生息するハネオツパイがブルタゴ椰子の花の蜜が自然発酵したアルコールを日常的に飲んでいる事が分かり、飲酒の習慣を持つ動物として話題となった[1]

体内の特別な酵素によって摂取したアルコールを速やかに体外に排出しているのではないかと考えられている。

人間に換算すると、ビールの大瓶を毎日7-8本摂取しているアルコール量になる。

ブルタゴ椰子の蜜を常飲しているのはツパイぐらいしかおらず、ブルタゴ椰子にとっては重要な受粉の仲介者となっている。

分類[編集]

位置づけ[編集]

真主齧上目Euarchontoglires
グリレス大目Glires

ネズミ目Rodentia



ウサギ目Lagomorpha



真主獣大目Euarchonta

ツパイ目Scandentia




ヒヨケザル目Dermoptera




プレシアダピス目Plesiadapiformes



サル目Primates






科・属[編集]

霊長目に含められていた時代は、全てをツパイ科1科とし、ツパイ亜科とハネオツパイ亜科に分けていた。 (†は絶滅

脚注[編集]

  1. ^ Frank Wiens et al.(2008) "Chronic intake of fermented floral nectar by wild treeshrews." PNAS 105(30): 10426-10431