南蹄目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
南蹄目
Toxodon.jpg
トクソドンToxodon platensis
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
下綱 : 真獣下綱 Eutheria
上目 : ローラシア獣上目? Laurasiatheria
階級なし : 午蹄中目 Meridiungulata
: 南蹄目 Notoungulata
学名
Notoungulata Roth, 1903
下目

†Notioprogonia

  • †Henricosborniidae
  • †Notostylopidae

†Toxodonta

  • †Isotemnidae
  • †Leontiniidae
  • †Notohippidae
  • †Toxodontidae
  • †Homalodotheriidae

†Typotheria

  • †Archaeopithecidae
  • †Oldfieldthomasiidae
  • †Interatheriidae
  • †Campanorco

南蹄目(なんていもく、Notoungulates)は、有蹄類の一種を占める動物群である。南蹄類とも呼ばれる。

概要[編集]

トクソドン亜目ティポテリウム亜目南祖亜目から構成される。南米で最も繁栄したが、既に絶滅した。

歯冠の高い臼歯を持ち、植物食に適応していた。また、犬歯の縮小などで歯が一続きのような形態をとっていたことも特徴である。初期では一見ウサギのようなノトスティロプス、中期では大型のネソドン、後期ではメソテリウムなどの小型~中型種が存在した。南蹄目は南米大陸が島大陸であった時期に多様な種を生み出し植物食の哺乳類として大繁栄したが、南米が北米大陸と繋がったことで北米の植物食哺乳類との競争に晒されることになった。これが主因となって衰退し、結果的に全て絶滅してしまった。