アルティプラーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルティプラーノの大地をゆくリャマ

アルティプラーノスペイン語: altiplanoまたはaltiplanicie アルティプラニシエ:「高く、平らな土地」の意)は、一般的に新生代に形成された2つかそれ以上の山脈(同時期に隆起したとは限らない)の間の山と山との間に広がる標高の高い平坦な高原地帯で、現在のペルー南部からボリビアチリなどにかけて広がる高原地帯。

アンデス山脈は、オクシデンタル山脈スペイン語版英語版(西山系)とオリエンタル山脈スペイン語版英語版(東山系)という2列に山脈が平行して走っている。しかし、およそ南緯14度付近から、このアンデス山脈の間が広がり始め、標高およそ4000m前後で広大な高原地帯が広がりはじめる。この高原地帯をアルティプラーノと呼ぶ。その北部にチチカカ湖、南部にポオポ湖が存在する。

標高が4,000m前後あるため、冷涼で乾燥した気象条件を備える。その厳しい気候のため大木はほとんど生えず、赤茶けた大地が延々と広がっている。現在では、雑穀や塊茎類、マメ類、麦類などの農耕のほか、リャマなどの放牧が行なわれている。

アルティプラーノにある主な観光地都市を以下に列挙する。

関連項目[編集]

座標: 南緯16度00分13秒 西経69度39分12秒 / 南緯16.00358度 西経69.65332度 / -16.00358; -69.65332