グアナコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グアナコ
LamaGuanicoe2004-6-24.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ウシ目 Artiodactyla
: ラクダ科 Camelidae
: ラマ属 Lama
: グアナコ L.guanicoe
学名
Lama guanicoe
和名
グアナコ
英名
Guanaco
Lama guanicoe range.png
生息域

グアナコGuanacoケチュア語: wuanaku学名: Lama guanicoe)は、足がすらりとして気品のある野生偶蹄哺乳動物である。身長は1.6mほどで体重は48-96kg。主に南アメリカの高地に生息している。リャマと同様に身を守る二重の厚い毛をまとっている。その厚さはアルパカよりはやや薄い。

特徴[編集]

背中までの高さは1-1.2mで、頭の長さを合わせると1.5-1.6mほどになる。体重はビクーニャの二倍ほどの100kg前後あるのが普通であるが、140kg程度になるものもある。毛はビクーニャよりは長くアルパカよりは短い。ペルー南部のグアナコの毛は赤みを帯びた色で上質である。毛の太さは直径16-18µm。グアナコの特徴は、頭部が濃い色で、腹部と脚が明るい色になっていることである。

利用[編集]

北方のグアナコはリャマの祖先である。アルゼンチンのグアナコは世界のグアナコの95%を占めると思われるが、パタゴニアからアンデス高地に至るまで広く存在している。南アメリカではペルー、ボリビアパラグアイ、アルゼンチンなどでよく見かける。

ビクーニャ、アルパカ、リャマと同様に、アンデス原産の動物である。特にペルーではインカ時代以前から荷運び用に用いられていた。

アンデスの一部では、肉や皮や毛を取るために乱獲した結果、絶滅が危惧されている。

アルゼンチンでは貴重な動物であるとされ、丁重に保護されている。細く上質な毛を採集するために、グアナコ生息用の区画を設けている。その毛は羊と比べてとても軽く、ビクーニャ同様ふわふわしている。

Status[編集]

関連項目[編集]