ビクーニャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビクーニャ
Vicugna vicugna 1 AB.jpg
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
亜綱 : 獣亜綱 Theria
下綱 : 真獣下綱 Eutheria
階級なし : (未整理[1]
北方真獣類 Boreoeutheria
上目 : ローラシア獣上目 Laurasiatheria
: 鯨偶蹄目 Cetartiodactyla
亜目 : ラクダ亜目(核脚亜目) Tylopoda
: ラクダ科 Camelidae
亜科 : ラクダ亜科 Camelinae
: ビクーニャ属
Vicugna Lesson1842
: ビクーニャ V. vicugna
学名
Vicugna vicugna
Molina1782
和名
ビクーニャ
英名
Vicuña
Vicugna vicugna range.png
ビクーニャの生息図
草原のビクーニャ(ペルー南部のアレキパ地方)
岩場を移動するビクーニャ

ビクーニャ学名Vicugna vicugnaスペイン語vicuñaケチュア語wik'uña)は、南アメリカ大陸アンデス地方に棲息する草食性哺乳類の一種(1)。鯨偶蹄目-ラクダ科に分類される、有蹄類である。

呼称[編集]

属名ならびに各国語の名称は、ケチュア語由来のスペイン語: vicuña(ビクーニャ)より。日本では、動物を指す場合は「ビクーニャ」と呼び、体毛からつくるウールやその製品は英語: vicunaによって「ビキューナ」と呼ぶことが多い。また、加工品をヴィゴーニュと呼ぶ(経済利用を参照)のはフランス語: vigogneの借用である。

生物的特徴[編集]

分布[編集]

南アメリカ大陸進化した動物であり、ペルーボリビアチリアルゼンチンに分布し、標高約3,700- 5,000mの高地草原に10頭前後の群れを作って生活する。

形質[編集]

体長(頭胴長)約130 - 160cm、体高(肩高)約85cm、体重約33 - 65kg。全身断熱性に富む体毛で覆われている。

最も支持を集める説では、アルパカは本種が家畜化されたものと見なされている。しかし、アルパカを本種の家畜化されたものと見なさず、本種のみをもってビクーニャ属が形成されているとする説など(系統分類を参照)によれば、本種は人に懐かない[要検証 ](本種から家畜化された種は存在しない)。

ビクーニャの外観はグアナコとよく似ているが、前者は頸(くび)の下に30cm前後の長い毛を有しているため、その点で一見して後者と区別できる。

分類[編集]

系統分類[編集]

ビクーニャは、アルパカラマ(リャマ)グアナコと近縁であり、伝統的には、ビクーニャとアルパカをビクーニャ属に、ラマとグアナコをラマ属にまとめられる。しかし、これら4の類縁関係には諸説があって統一的見解は得られていない。4種すべてをラマ族(tribus Lamini)として束ねる学説もあり[2]、あるいはまた、ビクーニャのみをビクーニャ属とし、他の3種をラマ属の下位分類とする説もある。ここでは、近年の有力説による、ラクダ科の下位分類を一例として示す。ラマ族を認める立場を採ると、ラクダ亜科はラクダ族とラマ族の2族で構成されることとなる。

は「絶滅」の意。

種分類[編集]

人間との関わり[編集]

ペルーの国章

かつては200万頭が棲息していたと推定されるが、肉と良質な体毛を得るために乱獲され、1960年代には1万頭以下まで棲息数を減らしていた。しかし、1993年には、インカ帝国時代に行われていた伝統技法でビクーニャを殺さずに体毛を刈るための囲い込み(チャク)が復活し、地元民にその収益が保証されるとあって、ビクーニャに対する保護意識が高まった。その甲斐あって、2010年には40万頭を超えるまでに棲息数が回復している。

ビクーニャの毛織物製品は高級品として取引される。体毛が細いため、に紡いで利用される。毛は動物界で最も細く、100分の1mmといわれている。2年に一度しか毛の刈り込みは許可されておらず、1回の刈り込みで成獣1頭につき250 - 350gの体毛しか得られない。

綿毛を紡いだ紡毛糸で織り、チーズル起毛をして仕上げた柔らかな織物を、1980年代までの日本では「ヴィゴーニュ」と呼んだ。しかし近年ではそれらも「ビクーニャ」と呼ばれることが増えてきている。また、実際には、ヴィゴーニュとされているものの中には、綿を混ぜた混紡織物や、糸を紡ぐ油紡工程で羊毛を加えた織物もある。

ペルーの国章に描かれている動物でもある。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]