ティラピア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ティラピア
Oreochromis niloticus.jpg
ナイルティラピア
Oreochromis niloticus
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 硬骨魚綱 Osteichthyes
: スズキ目 Perciformes
亜目 : ベラ亜目 Labroidei
: カワスズメ科 Cichlidae

Oreochromis
Sarotherodon
Tilapia

焼きティラピアとフライドポテト
ティラピアのフライ
ティラピア、生
100 g (3.5 oz)   あたりの栄養価
エネルギー 400 kJ (96 kcal)
炭水化物 0 g
- 糖分 0 g
- 食物繊維 0 g
脂肪 1.7 g
- 飽和脂肪酸 0.585 g
- 一価不飽和脂肪酸 0.498 g
- 多価不飽和脂肪酸 0.363 g
  - ω-3脂肪酸 0.167 g
  - ω-6脂肪酸 0.158 g
タンパク質 20.08 g
- トリプトファン 0.21 g
- トレオニン 0.95 g
- イソロイシン 0.93 g
- ロイシン 1.603 g
- リシン 1.81 g
- メチオニン 0.593 g
- シスチン 0.22 g
- フェニルアラニン 0.81 g
- チロシン 0.68 g
- バリン 0.97 g
- アルギニン 1.277 g
- ヒスチジン 0.47 g
- アラニン 1.22 g
- アスパラギン酸 2.297 g
- グルタミン酸 3.213 g
- グリシン 1.043 g
- プロリン 0.757 g
- セリン 0.813 g
水分 78.08 g
ビタミンA相当量 0 μg (0%)
- βカロテン 0 μg (0%)
- ルテインおよび
-   ゼアキサンチン
0 μg
チアミン (B1) 0.041 mg (3%)
リボフラビン (B2) 0.063 mg (4%)
ナイアシン (B3) 3.903 mg (26%)
パントテン酸 (B5) 0.487 mg (10%)
ビタミンB6 0.162 mg (12%)
葉酸 (B9) 24 μg (6%)
ビタミンB12 0 μg (0%)
コリン 42.5 mg (9%)
ビタミンC 0 mg (0%)
ビタミンD 124 IU (31%)
ビタミンE 0.4 mg (3%)
ビタミンK 1.4 μg (1%)
カルシウム 10 mg (1%)
鉄分 0.56 mg (4%)
マグネシウム 27 mg (7%)
マンガン 0.037 mg (2%)
セレン 41.8 μg (60%)
リン 170 mg (24%)
カリウム 302 mg (6%)
塩分 52 mg (2%)
亜鉛 0.33 mg (3%)
コレステロール 50 mg
 %はアメリカにおける成人向けの
栄養摂取目標 (RDIの割合。
出典: USDA栄養データベース(英語)
ティラピア(100g中)の主な脂肪酸の種類[1]
項目 分量(g)
脂肪 1.7
飽和脂肪酸 0.585
16:0(パルミチン酸 0.424
18:0(ステアリン酸 0.107
一価不飽和脂肪酸 0.498
18:1(オレイン酸 0.379
多価不飽和脂肪酸 0.363
18:2(リノール酸 0.158
18:3(α-リノレン酸 0.033
22:5(ドコサペンタエン酸(DPA)) 0.043
22:6(ドコサヘキサエン酸(DHA)) 0.086

ティラピア あるいはテラピア(Tilapia)はスズキ目カワスズメ科に属す魚の一部をいう。分類学上の集団ではない。

概要[編集]

もともとアフリカ中近東に分布したが、食用にするため世界各地の河川に導入された。雑食性で淡水、汽水の様々な環境に適応するが、冷たい水には棲まない。ティラピアという名称は、日本に導入された3種がいずれも当時Tilapia属に分類されていたことに由来するが、現在ではそのうちの2種はOreochromis属に分類が変更されている。

利用[編集]

ティラピアの導入は、アジアから北アメリカまで世界全域に及ぶ。ティラピアの優秀な適応力は、漁業目的では喜ばしいものだったが、在来魚を駆逐する外来生物になると各地で生態系の脅威になった。

臭いもなく非常に美味で各国で食用として使用されていて、海外では、ニジマスブラウントラウトのような淡水魚やイワシサバタラマグロスズキなどの海水魚などと同様に一般的な食材として流通している。

日本[編集]

日本に導入されたティラピアと呼称される魚は、シクリッド科カワスズメ科)のナイルティラピア(Nile tilapia、Oreochromis niloticus)、カワスズメモザンビークティラピア、Mozambique tilapia、Oreochromis mossambicus)、ジルティラピアTilapia zillii)で、第二次世界大戦後の食糧危機においてタンパク源として注目された。

このうち食用として普及したのはナイルティラピアで、流通名は「イズミダイ」又は「チカダイ」と呼ばれ養殖されている。流通名として高級感があるなどといった理由で付けられた名前だが、鯛類とは全くの別種で、生息環境も異なる。

外観もクロダイまたはに似て、味や食感も非常に美味だが、国産の養殖のティラピアは、生産量や人件費の関係で比較的高価であり、近年、日本では鯛そのものが大量に養殖されるようになり、鯛そのものの価格も下がったため、ほとんど見かけなくなった。近似種のシクリッドは観賞用として輸入されている。また、荒子川では、異常繁殖(数万匹も)しているため、外来種に指定されている。

タイ[編集]

1960年代タイ王国の食糧事情が難しいと知った魚類学者でもある皇太子明仁親王今上天皇)は、タイ国王にティラピアを50尾贈り、「ティラピアの養殖」を提案。タイ政府はそれを受け、現在、タイでは広くティラピアが食されている。このエピソードにちなみ、タイでは華僑により「仁魚」という漢字がつけられ、タイ語でもプラー・ニン(ปลานิล)と呼ばれている。1973年のバングラデシュでの食糧危機に際しては日本政府がティラピアの親魚を50万尾贈呈した。

台湾[編集]

1946年カワスズメシンガポールから導入され、導入者である呉振輝と郭啓彰の姓を取った呉郭魚の名で養殖され、食材として重要となっている。1969年には、ナイルティラピアとの交配が行われて、福寿魚(台湾鯛)と名付けられた。現在は養殖場内で交雑が進んでいる。日本やヨーロッパに輸出も行われている。

中国[編集]

1970年代湖北省ナイルティラピアが導入され、ナイル(尼羅)とアフリカ(非洲)から羅非魚と命名された。その後、華南を中心に養殖が盛んに行われるようになり、現在は一般的な食材として流通している。唐揚げ、蒸し魚、煮魚、スープなどに広く利用されている。

規制[編集]

ティラピア類は琉球列島や温泉地域などで帰化・定着していることが確認されているが、このうち生態学的な問題を招く可能性があるとしてナイルティラピアとカワスズメが外来生物法により要注意外来生物に指定されている[2][3]

脚注[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ http://www.env.go.jp/nature/intro/1outline/caution/detail_gyo.html#17 環境省 外来生物法 要注意外来生物リスト:魚類(詳細)ナイルティラピアの項
  3. ^ http://www.env.go.jp/nature/intro/1outline/caution/detail_gyo.html#18 環境省 外来生物法 要注意外来生物リスト:魚類(詳細)カワスズメの項

関連項目[編集]