ドコサペンタエン酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
必須脂肪酸の代謝経路とエイコサノイドの形成

ドコサペンタエン酸(ドコサペンタエンさん、: docosapentaenoic acid)は、直鎖の22:5の構造を有する脂肪酸である。

特に、2つの異性体が代表的である。1つは、all-cis-7,10,13,16,19-ドコサペンタエン酸であり、クルパノドン酸あるいは通常DPAと呼ばれる俗称を持つω-3脂肪酸である。この脂肪酸は、エイコサペンタエン酸(EPA、20:5 ω-3)からドコサヘキサエン酸(DHA、22:6 ω-3)への中間体である。アザラシ油に多く含まれている[1]

もう1つは、all-cis-4,7,10,13,16-ドコサペンタエン酸であり、オスボンド酸の俗称を持つω-6脂肪酸である。この脂肪酸は、20:4 ω-6であるアラキドン酸の長鎖化と不飽和化により生成される。哺乳類においてクルパノドン酸の欠乏が、この脂肪酸の生成をもたらすため、オスボンド酸/DHAの比率が食餌から摂取されるDHAが充足されているかどうかの指標となる[2]。しかしながら、これを指標とすることに疑問が呈せられている[3]

赤が生理学的番号で青が化学的番号を示しているクルパノドン酸の化学構造式


赤が生理学的番号で青が化学的番号を示しているオスボンド酸の化学構造式


脚注[編集]

  1. ^ Omega 3 Seal Oil Studies and Research. “The Studies of Seal Oil”. 2006年2月8日閲覧。
  2. ^ Gerard Hornstra (September 2007). “Essential Polyunsaturated Fatty Acids and Early Human Development”. Fats of Life Newsletter. オリジナルのJune 7, 2008時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20080607194856/http://www.fatsoflife.com/pufa/article.asp?nid=1&edition=this&id=484 2007年10月23日閲覧。. 
  3. ^ Sheila M Innis, Ziba Vaghri and D Janette King. “n–6 Docosapentaenoic acid is not a predictor of low docosahexaenoic acid status in Canadian preschool children”. 2006年7月17日閲覧。