挽肉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

挽肉(ひきにく)とは、類のを細かく切った、またはすり潰した食材。ミンチ (もしくはミンチ肉) ともいうが、メンチに関しては「#歴史」を参照。魚介類を原料にしたものはすり身と呼ぶ。食材として、そのまま調理されるほか、加工食品の材料にされる。

商品価値の低い屑肉(くずにく)が材料となる事がある(屑肉を参照)。また成型ステーキなどの成型肉材料とされる事がある[1]

歴史[編集]

挽肉を利用した料理の歴史としては、東京の洋食店が「ミンスミートカツレツ」として売り出したと記録されている。のちにこれは「メンチカツ」と呼ばれるようになった。メンチカツやメンチコロッケは単に「メンチ」とも呼ばれる。ただし、ひき肉を使用したコロッケであっても「メンチ」とは呼ばないこともあるが、その境界線は定かではない[2]

挽肉の種類[編集]

肉の種類による分類[編集]

牛挽肉
牛肉を挽肉に加工したもの
豚挽肉
豚肉を挽肉に加工したもの
合挽肉
豚肉と牛肉の双方を素材として加工した挽肉。合い挽きとも呼ばれる。
鶏挽肉
鶏肉を挽肉に加工したもの

挽き方による分類[編集]

  • 挽く目の細かさにより、粗挽き中挽き細挽きなどに分けられる。
  • 挽く回数により、一度挽き二度挽きに分けられる。

挽肉/すり身を使用する食品/料理(五十音順)[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 共同通信 2009/09/05 19:06 記事ペッパーランチ「ステーキの供給元は大垣食肉供給センター協同組合で、輸入した肉をミンチした上で成形加工」
  2. ^ コロッケとメンチの境界を探る
  3. ^ デジタル大辞泉

関連項目[編集]