ウシノシタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウシノシタ
Solea solea 1.jpg
ササウシノシタ科の一種
Solea solea
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
亜綱 : 新鰭亜綱 Neopterygii
上目 : 棘鰭上目 Acanthopterygii
: カレイ目 Pleuronectiformes
亜目 : カレイ亜目 Pleuronectoidei
上科 : ウシノシタ上科 Soleoidea
: ササウシノシタ科 Soleidae
ウシノシタ科 Cynoglossidae
和名
ウシノシタ(牛の舌)
シタビラメ(舌平目)
英名
Sole
Tonguefish

ウシノシタ(牛の舌)は、カレイ目ササウシノシタ科およびウシノシタ科の総称。ウシノシタ科に属する魚の総称としてはシタビラメ(舌平目)とも称される[1]

概要[編集]

日本やヨーロッパなどで食用とされている。ササウシノシタ科(ササウシノシタ、シマウシノシタなど)とウシノシタ科(アカシタビラメや、クロウシノシタ、オオシタビラメ、イヌノシタなど)の2科に分かれ、前者は体の右側に目があり、後者は体の左側に目がある。ササウシノシタ科のほとんどの種は小さいため、ほとんど漁獲対象にはされない。日本で獲れるものはアカシタビラメやクロウシノシタが多く、主に西日本で食べられる。はげにくい鱗を持つが、皮は頭から剥ぐと簡単にむける。体の輪郭がほかのカレイ目の魚と極端に違う。

ヒラメとはまったく異なる種の魚であるが、体が平たく両目がヒラメのように片側にだけついているので、主に関東を中心にシタビラメと呼ばれる[2]。一方、英名のSoleや学名のSoleaは「靴底」を意味する語であり、日本の地方名にも同義のものが多い。例えば、九州有明海八代海沿岸地域では「くちぞこ」・「つぞこ」と呼び、 岡山県香川県など瀬戸内地方では主にアカシタビラメを中心に「ゲタ」と呼ばれる。

山口県ではアカシタビラメを「レンチョウ」と呼び煮付けなどにする。

それ以外の地方名としては新潟県周辺での「ねずり」・「ねずら」などがある。(体を倒して海底を這うように泳ぐことから、寝擦の意である)

利用[編集]

身はやわらかいが美味であり、揚げ物ムニエルポワレ煮付け塩焼きなど、各国では様々な調理法で食べる。ただし、肉薄で可食部が少なく調理が困難なため、刺身には向かない。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 魚介類の名称表示等について(別表1)”. 水産庁. 2013年5月29日閲覧。
  2. ^ 「飲食事典」本山荻舟 平凡社 p54 昭和33年12月25日発行