サワークリーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サワークリームとコショウを添えたトースト
ジャガイモにサワークリームとチリソースを加えた料理

サワークリーム (sour cream) とは、生クリーム乳酸菌発酵させることで作る脂肪分に富む乳製品である。人工的、または自然な発酵により生クリームはさわやかな酸味とコクを得る。サワークリームは軽い酸味であるが、名前の「サワー」は乳酸菌による発酵生成に由来する。

概要[編集]

生クリームから作られるサワークリームは、16〜21%の脂肪分を含み、乳酸菌による独特の味を持つ。サワークリームには、ゼラチンレンネット、および野菜酵素などの追加成分を含むものもある。

ライトサワークリームは、通常のサワークリームに比べて脂肪分40%減で、生クリームと牛乳を混ぜて作られる。

無脂サワークリームは、コーンスターチゼラチンカラギーナングアーガムなどの増粘剤により濃くしている。

3月8日は日本における「サワークリームの日」で、日本で初めて「サワークリーム」の開発に取り組んだ乳製品メーカーが制定した。

保存[編集]

サワークリームは完全に発酵していないため、冷蔵保存しなければならない。他の乳製品同様に通常賞味期限付きで販売されるが、期限が「販売」、「賞味」、「消費」であるかは地域により異なる。サワークリームの表面にカビが生えることがあるが、チーズと異なり表面を取り除いて使用することはできない。

用途[編集]

主としてヨーロッパおよび北アメリカ料理に使用され、サワークリームは調味料として使用される。伝統的に、焼いたジャガイモのトッピングであり、刻んだチャイブが添えられる。クリーミーなサラダドレッシングのベースとしても使用され、また、ケーキクッキー米国のビスケットドーナツスコーンの粉に加えての焼き調理でも使用できる。中央アメリカでは、サワークリームと類似したクレマ (Crème fraîcheが、朝食での主要な材料である。

サワークリームはまた、フレンチフライやクラッカー用の「オニオンディップ」のような様々なディップのベースとして使用される。

ウクライナ料理 (Ukrainian cuisineおよびロシア料理では、サワークリームはボルシチや他のスープに添えられ、ピエロギの調味料であり、ビーフストロガノフなどの料理に用いられる。

テクス・メクス料理では、ナチョスブリートワカモレでクレマの代替品として使用される。[1] ハンガリー料理では、ソースの材料やハム入りクレープレシピに使用される。

発酵バターの原料とされる。東欧ではお菓子にも利用される。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Cook's Thesaurus: Cultured Milk Products(英語)

関連項目[編集]