ブリート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブリート
ブリート
小麦粉で作られたトルティーヤ

ブリートスペイン語: burrito)あるいはブリトーとは、小麦粉で作られたトルティーヤに具材を乗せて巻いたメキシコ料理テクス・メクス料理およびアメリカ料理

概要[編集]

メキシコ北部と隣接するアメリカ合衆国南西部では、単品の具を細く巻くのが一般的である。アメリカ合衆国の他の地域では、インゲンマメレタストマトサルサワカモレチーズサワークリームなどをたっぷりと入れて巻いた、一つで十分食事になるぐらい大きなブリートが一般的である。具を巻く前に小麦粉のトルティーヤを柔らかくするため、軽く火であぶったり蒸したりすることもある。

「ブリート」はスペイン語で「小さなロバ」を意味する。理由は細く巻いたトルティーヤがロバの耳に似ているからとも、ロバがよく背中に積んでいた毛布や荷物に似ているからともいわれている[1]

メキシコのブリート[編集]

ブリートはチワワ州シウダー・フアレスの伝統的な軽食で、レストランや屋台で買って食べることができる。シウダー・フアレスには開店以来数十年になるブリートの老舗がいくつかある。ブリートは朝昼晩いつでも食べられる。よく用いられる具には、バルバコア(じっくりと焼いた牛肉のバーベキュー)、モーレ、ウィニース(winnys、ソーセージを刻んでトマトとチレのソースで煮たもの)、フリホレス・レフリトスとチーズ、デシェブラダ(deshebrada、の脇腹の肉をじっくりと焼いてほぐしたもの)、チレ・レイェーノ英語版(チレにチーズなどを詰め、衣をつけて揚げたもの)などがある。デシェブラダのブリートには、甘口から中辛の「チレ・コロラド」(chile colorado)風味と激辛のサルサ・ベルデ風味がある。テキサス州西部やニューメキシコ州南部のブリートもこれと同様で、ブリートを専門とする飲食店で食べられる他、ほとんどのガソリンスタンドで手作りのブリートを売っている。

ブリートはメキシコ中央部と南部ではタコ・デ・アリナ(taco de harina、「小麦粉のタコ」の意)、北部風レストランでは女性形の「ブリータ」(burrita、「小さな雌ロバ」)もしくは「ブーラ」(burra、「雌ロバ」)と呼ばれている。ソノラ州とその周辺には、ブリートを油で揚げたチミチャンガ英語版という料理がある[2]。 ブリートはメキシコ北部以南ではあまり知られていなかったが、アメリカ合衆国やカナダからの観光客の流入や、アングロアメリカから帰還したメキシコ人が増えたため、あまり伝統に固執しない飲食店では食べられるようになってきている。

アメリカ合衆国のブリート[編集]

アメリカ合衆国で最も有名なブリートは具が多い大型のブリートで、メキシコではなく米国で生まれたと考えられている。よくみられるブリートのバリエーションのひとつに、ブリートにエンチラーダ風のソースをかけ、とろけるチーズをおろしてかけたウェット・ブリートがあり、タコベルではエンチリート英語版という商品名で売られている。メキシコ料理店やテクス・メクス料理店では、とろけたチーズに覆われたブリートを特にブリート・スイソ(burrito suizo)と呼ぶ。スペイン語の「スイソ」とは「スイスの」という意味の形容詞で、料理用語ではチーズやクリームをかけた料理のことを指す。タコベルのブリートは形はメキシコのものに近いが、中身は米国風である。

油で揚げたブリートを米国ではチミチャンガ英語版と呼ぶ。

アメリカ合衆国には、独特のブリートで有名な都市がいくつかある。中でも有名なものがサンフランシスコ風ブリートである。

サンフランシスコ風ブリート[編集]

サンフランシスコ風ブリート、サルサ、トルティーヤ・チップス
サンフランシスコ風ブリート

サンフランシスコ風ブリートの起源は、1960年代ミッション地区英語版のタケリーア(タコス料理店)にあるとされるが、セントラルヴァレーの農業労働者の食事から始まったという説や19世紀に鉱夫の食事から始まったという説もある。サンフランシスコ風ブリートのスタイルは1970年代から1980年代にかけて確立され、後にサンドイッチの具を小麦粉のトルティーヤで包んだラップ式サンドイッチ英語版を生んだ。サンフランシスコ風ブリートは具の種類が多いため流れ作業で作られるのが特徴で、大きなトルティーヤでメキシコ風ライス、フリホレス、主要な具材(主に肉だが、ベジタリアン用の野菜の具のこともある)、甘口または辛口のサルサをたっぷりと包んでからアルミホイルでくるんで客に渡される。

全米に展開するチェーンレストランのチポトレ・メキシカン・グリル英語版キュードバ・メキシカン・グリル英語版がサンフランシスコ風ブリートを主力商品にしている。

ブレックファスト・ブリート[編集]

スクランブルエッグベーコンソーセージなどアングロアメリカの定番の朝食のおかずを直径15インチ(約38.1cm)のトルティーヤで包んでチリのサルサを添えたブレックファスト・ブリートは、南西部料理(特にニューメキシコ風料理)の流行に従って全米に広まった。典型的な南西部風ブレックファスト・ブリートにはスクランブルエッグ、炒めたジャガイモ玉葱チョリソギサードスペイン語版(煮込み料理)、ベーコンなどの具が用いられる[3]サンタフェのメキシコ風カフェ「ティア・ソフィアズ」(Tia Sophia's)が、1975年にベーコンと炒めたジャガイモをトルティーヤで包んでサルサとチーズをかけたウェット式の元祖ブレックファスト・ブリートを発明したと主張している[4]。1980年代にはマクドナルドが小型のブレックファスト・ブリートをメニューに加え、1990年代にはタコベルやカールス・ジュニアといったファーストフード店も後に続いた。

その他のブリート[編集]

カリフォルニア州サンディエゴは、カルネ・アサダ英語版フライドポテトサルサ・クルダを包んだブリートで有名である。その一方で、カリフォルニア南部で人気のあるサンディエゴ風メキシコ料理チェーンのフレッズ・メキシカン・カフェ(Fred's Mexican Café)では、黒いんげん豆のフリホレス、ワカモレ、レタス、とろけたチーズ、ピコ・デ・ガヨを詰め、好みでエンチラーダソース、溶けたチーズ、サワークリームの「ウェット」トッピングをつけることができる、重さ1ポンド(約454グラム)のカリフォルニア・ブリートを出しているが、このスタイルは1950年代のロサンゼルス風ブリートに由来するらしい(ブリートの年表を参照)。

サンディエゴで一般的なブレックファスト・ブリート(卵、アボカド、チーズ、ベーコン)

オレゴン・ブリートはサンディエゴ風ブリートによく似ているが、フライドポテトの代わりに炒めたジャガイモが入る点が異なる。ワシントン州オレゴン州に展開しているファストフードチェーンの「ムチャス・グラシアス」(Muchas Gracias)で食べることができ、ポートランド都市圏に暮らす高校生や大学生の間で人気がある。

チポトレ・メキシカン・グリルでは、ブリートの具だけをボウルに盛ったブリート・ボル(Burrito Bol)を注文することができる。これは摂取するカロリーに気をつかっている客層、特に炭水化物を極力摂らないことで減量を計るアトキンスダイエットを実践している客層を対象にした商品である。

日本のブリート[編集]

日本において、ブリートはメキシコ料理店やアメリカ料理店などで供されるのみで、一般にほとんど知られていない料理であったが、セブン・イレブン・ジャパンが「ブリトー」と称する商品をレギュラーメニューに加えて以降、その名前だけは全国的に知られるようになった。しかし、日本のセブン・イレブンの「ブリトー」は、小麦粉のトルティーヤを用いる点が共通するのみで、メキシコのブリートはもとより、アメリカのコンビニエンスストアやファストフード店で売られているブリートとも似つかないオリジナル商品であったため、本格的なブリートは現在も知名度が低い。

ブリートの研究[編集]

タコベルの研究員アン・アルバーティン(Anne Albertine)は、ブリートの持ち運びやすさを改良する方法を研究し、大きなブリートの中身がこぼれないようにトルティーヤを最後にグリルして密閉性をよくする調理法を考案した[5]。サンフランシスコのタケリーアにも、類似の調理法を採用しているところがある。

蛋白質が豊富で飽和脂肪酸の少ない低カロリーの具を包んだブリートは健康的な食事となる。肉の代わりにインゲンマメをブリートの主な具にすれば、食物繊維フィトケミカルを多く摂取できる[6]

法律[編集]

アメリカ合衆国では、ブリートは法律上サンドイッチとは別の料理であるとする判例がある[7][8]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Duggan, Tara. (Apr. 29, 2001). The Silver Torpedo. San Francisco Chronicle.
  2. ^ Bayless, Rick and Deann Groen Bayless. (1987). Authentic Mexican: Regional Cooking from the Heart of Mexico. Morrow Cookbooks. p. 142.ISBN 0-688-04394-1
  3. ^ Cheek, Lawrence. (Oct, 2001). Rise and shine - breakfast - Recipe. Sunset.
  4. ^ Anderson, Judith. (May 24, 1998). What's Doing In; Santa Fe. The New York Times.
  5. ^ Crosby, Olivia. (Fall, 2002). You're a What? Research Chef. Occupational Outlook Quarterly. Vol. 46, Num. 3.
  6. ^ The University of Pennsylvania Health System. Breakfast, Dinner or Anytime Burrito. Adapted from the Cancer Nutrition Information, LLC.
  7. ^ http://www.boston.com/business/articles/2006/11/10/arguments_spread_thick/
  8. ^ http://www.burritoblog.com/2006/11/burritos_freed.html/

(英語版記事の参考文献)

  • Thomsen, David. Wilson, Derek. (1998). Burritos! Hot on the Trail of the Little Burro. Gibbs Smith Publishers. ISBN 0-87905-835-8