サウザンドアイランドドレッシング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サウザンドアイランドドレッシング
Thousand Island dressing
Thousand Island.jpg
サウザンドアイランドドレッシングをかけたサラダ
発祥
発祥地 カナダの旗 カナダおよびアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
料理詳細
主な材料 マヨネーズオリーブオイルレモン汁、パプリカウスターソースマスタードクリームチリソーストマトピューレまたはケチャップ

サウザンドアイランドドレッシング(Thousand Island dressing)は、サラダドレッシングおよび調味料の一種。サウザンアイランドとも称される。

通常ドレッシングのベースとしてマヨネーズが使われ、オリーブオイルレモン汁、オレンジ果汁、パプリカウスターソースマスタードクリームチリソーストマトピューレケチャップタバスコなどを加えることがある[1][2]。また、みじん切りにしたピクルスタマネギピーマンオリーブゆで卵パセリチェリーペッパー英語版チャイブニンニク、細かくしたナッツクルミなど)を入れるのが一般的である[3][4][5]

起源[編集]

サウザンドアイランドドレッシングは1900年の料理本に掲載されており、その記述より1900年以前からニューオーリンズで知られていた[6]

『オックスフォード飲食の友』(The Oxford Companion of Food and Drink)によれば、「サウザンドアイランドドレッシングの名はおそらく、アメリカ合衆国カナダの間を流れるセントローレンス川に浮かぶサウザンドアイランズに由来する」という[7]。サウザンドアイランズでは、釣り場案内人の妻ソフィー・ラロンド(Sophia LaLonde)が夫のジョージの魚料理のための調味料として作ったものであるという説が良く知られている[8]。この説では、女優のメイ・アーウィン英語版が後で楽しむためにレシピを教えてほしいと頼んだ、という逸話が続く[9]。アーウィンは次々にサウザンドアイランズの夏季の住人達にレシピを教え、サウザンドアイランズにボルト城英語版を建てたウォルドルフ=アストリアホテル経営者のジョージ・ボルト英語版も知るところとなり、自身の経営するホテルの給仕長オスカー・チルキー英語版にメニューへ加えるよう指示した[10]1959年の『ナショナルジオグラフィック』誌の記事に「サウザンドアイランドドレッシングは、伝えられるところによれば、ボルトのシェフによって発達した。」という記述がある[11]

利用[編集]

ディップ英語版として利用されるサウザンドアイランドドレッシング

1950年代にサウザンドアイランドドレッシングは一般的なドレッシングとなり、サンドイッチやサラダなどに使われた。アメリカではファーストフード店やダイナーで幅広く利用されている。イモ料理や魚介類鶏肉などにも使える汎用性の高いドレッシングである[12]ルーベンサンドを作るときにロシアンドレッシングの代用としてもよく利用される[13]

ハフィントン・ポスト紙は2006年に、「多くの人はマクドナルドビッグマックの『スペシャルソース』はただのサウザンドアイランドドレッシングだと思っているが、濃厚で甘みがあり、サウザンドアイランドドレッシングとは少し違う味である」というサラ・J・ジムの記事を掲載した[14]

作り方の例[編集]

基本的な材料の比率はレモン汁・生クリームをそれぞれ1とした場合、マヨネーズは6と3分の2、ケチャップは3であり、ケッパー・タマネギ・ピクルスのみじん切りと胡椒を加えて混ぜ合わせて作る[12]。具材にはタマネギのほかエシャロットパプリカ、ピーマンなども使える[15]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Honberger, Maud Mitchell, ed. (1914). Tried Receipts of Pasadena.
  2. ^ Weaver, Louise Bennett; LeCron, Helen Cowles (1917). A thousand ways to please your husband, with Bettina's best recipes, p. 89. New York: Britton Publishing Company
  3. ^ Grimes, Etta (1915). Home Economics: Some choice recipes. The Oregon Countryman, May 1915, p. 325.
  4. ^ Woodland, Mrs. F.B. (1919). Stevenson Memorial Cook Book, p. 76. Sarah Hackett Stevenson Memorial Lodging House Association, Chicago
  5. ^ Hirtzler, Victor (1919). The Hotel St. Francis Cook Book, p. 335. The Hotel Monthly Press, John Willy, Inc., Chicago.
  6. ^ Breaded Veal Rounds and Thousand Island Dressing. In A Book of Famous Old New Orleans Recipes used in the South for more than 200 years, p. 21. Peerless Printing Company, New Orleans, 1900.
  7. ^ Smith, Andrew F. (2007). The Oxford Companion of Food and Drink, p. 514. Oxford University Press US, ISBN 978-0-19-530796-2
  8. ^ Stiles, Kaelyn; Altıok, Özlem; Bell, Michael M. (2010). The ghosts of taste: food and the cultural politics of authenticity. Agriculture and Human Values doi:10.1007/s10460-010-9265-y
  9. ^ McNeese, Tim (2005). The St. Lawrence River. Infobase Publishing, ISBN 978-0-7910-8245-4
  10. ^ Thousand Islands Inn, Clayton, NY. http://www.1000islands.com/inn/dressing.htm
  11. ^ Brown, Andrew H. (March 1959). Today, this dressing is still being served at Oscar's in the Waldorf Astoria Hotel. New St. Lawrence Seaway opens the Great Lakes to the world. National Geographic Magazine, vol. 115, no. 3, p. 336
  12. ^ a b 浜内(2007):78ページ
  13. ^ DiSpirito, Rocco (2010). Now Eat This! 150 of America's Favorite Comfort Foods, All Under 350 Calories, p. 75. Random House, ISBN 978-0-345-52090-6
  14. ^ Gim, Sarah J. "Secret sauce is not Thousand Island dressing". The Huffington Post. July 17, 2006
  15. ^ ゲイラー(2008):33ページ

参考文献[編集]

外部リンク[編集]