ケッパー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケッパー
Capparis spinosa habito.jpg
ケッパーの木
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: フウチョウソウ目 Capparales
: フウチョウソウ科 Capparaceae
: フウチョウボク属 Capparis
: トゲフウチョウボク C. spinosa
学名
Capparis spinosa
和名
トゲフウチョウボク(棘風蝶木)
セイヨウフウチョウボク(西洋風蝶木)
英名
caper
ケッパーのピクルス

ケッパー(英:caper、学名:Capparis spinosa)は、フウチョウソウ科の半蔓性の低木。また、ケッパーのつぼみをピクルスにしたもの。

ケイパー、ケーパー、カープル(仏:capre)とも呼ぶ。和名は、 トゲフウチョウボク(棘風蝶木)、セイヨウフウチョウボク(西洋風蝶木)。

特徴[編集]

地中海沿岸が原産の常緑小低木。主な栽培地はフランスイタリアスペインなど。 

独特の風味と酸味を持つ。一般的に酢漬け、塩漬けにする[1]

食用[編集]

カプリン酸に由来する独特の風味を持ち、料理の薬味サラダのつけ合わせに用いられ、特にスモークサーモンには、薄切りのタマネギとともに欠かせないものとされる。

刻んでバターと混ぜたものはモンペリエ・バターと呼ばれる。

脚注[編集]

  1. ^ 「世界の食用植物文化図鑑」p191 バーバラ・サンティッチ、ジェフ・ブライアント著 山本紀夫監訳 柊風舎 2010年1月20日第1刷