ケッパー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケッパー
Capparis spinosa habito.jpg
ケッパーの木
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: フウチョウソウ目 Capparales
: フウチョウソウ科 Capparaceae
: フウチョウボク属 Capparis
: トゲフウチョウボク C. spinosa
学名
Capparis spinosa
和名
トゲフウチョウボク(棘風蝶木)
セイヨウフウチョウボク(西洋風蝶木)
英名
caper
ケッパーのピクルス

ケッパー(英:caper、学名:Capparis spinosa)は、フウチョウソウ科の半蔓性の低木。また、ケッパーのつぼみをピクルスにしたもの。

ケイパー、ケーパー、カープル(仏:capre)とも呼ぶ。和名は、 トゲフウチョウボク(棘風蝶木)、セイヨウフウチョウボク(西洋風蝶木)。

特徴[編集]

地中海沿岸からイラン高原、アフガニスタン一帯に自生する常緑小低木。多年生の株を持ち、毎年多くの木質と草質の蔓を出す。葉は卵型の全葉であり、葉柄に2本の刺がある。花は単性でバラ色の4枚の花弁を持ち、3月から8月まで開花する。果実は卵形の漿果で稀にしかつかない。粘土質の丘陵地の岩場や壁面などに見られる。

フウチョウボクは地中海地方が起源だが、香辛料としてのケッパーの語源はペルシア語のkabar、もしくはアラビア語のkapparであり、後にギリシア語のkapparis、ラテン語のcapparisに転化したと言われている[1]。フランスの記録にケッパーが現れるのは15世紀頃からであり、16世紀の外科医アンブロワーズ・パレは食欲改善などのケッパーの薬効について著述している。人工栽培の試みが始まったのもこの頃のことである。現在の主な栽培地はフランスイタリアスペインなど。 

独特の風味と酸味を持つ。一般的に酢漬け、塩漬けにする[2]。 つぼみを開花よりもかなり早く収穫する。大きさや形で価値が変動し、丸く小さいものが商品価値が高いとされている。果実も収穫されつぼみと同様に酢漬けにされるが、多くは取れない貴重なものとしてつぼみより高い価値を持つ[3]

食用[編集]

バター類に多く含まれるカプリン酸に由来する風味を持ち、料理の薬味サラダのつけ合わせに用いられ、特にスモークサーモンには、薄切りのタマネギとともに欠かせないものとされる。

刻んでバターと混ぜたものはモンペリエ・バターと呼ばれる。

脚注[編集]

  1. ^ ギュイヨ 1987, pp. 156-158.
  2. ^ 「世界の食用植物文化図鑑」p191 バーバラ・サンティッチ、ジェフ・ブライアント著 山本紀夫監訳 柊風舎 2010年1月20日第1刷
  3. ^ ギュイヨ 1987, p. 159.

参考文献[編集]

  • リュシアン・ギュイヨ; 池崎一郎、平山弓月、八木尚子訳 『香辛料の世界史』 白水社、1987年ISBN 4-560-05682-X