カプリン酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カプリン酸
構造式
分子模型
IUPAC名 デカン酸
分子式 C10H20O2
分子量 172.26
CAS登録番号 [334-48-5]
形状 白色固体
融点 31 °C
沸点 149 °C/1.5 × 103 Pa
SMILES CCCCCCCCCC(O)=O
出典 NIST,

カプリン酸(カプリンさん、capric acid)は化学式 CH3(CH2)8C(=O)OH で表される、脂肪酸の一種である。IUPAC系統名はデカン酸 (decanoic acid) である。

有機合成や、香料、潤滑剤、グリース、ゴム、染料、合成繊維、食品添加物、医薬品など各種化学工業で用いられる。

医薬品[編集]

カプリン酸の塩やエステルは様々な薬に使われている。カプリン酸は脂肪酸であるため、ある薬剤をその塩・エステルとすれば脂溶性が増し、脂肪組織への親和性が高くなる。薬品の脂肪組織中からの浸出は普通あまり速くないため、カプリン酸を使うことで長期作用性の注射薬(蓄積注射、depot injection)を作ることができる。例としてナンドロロンフルフェナジンブロムペリドールハロペリドールが挙げられる。

多く含む食品[編集]


C9:
ペラルゴン酸
飽和脂肪酸 C11:
ウンデシル酸