カカクコム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社カカクコム
Kakaku.com, Inc.
種類 株式会社
市場情報
東証1部 2371 2003年10月9日上場
本社所在地 日本の旗 日本
150-0022
東京都渋谷区恵比寿南3丁目5番7号
恵比寿アイマークゲート(代官山デジタルゲートビル)
設立 1997年平成9年)12月
業種 サービス業
事業内容 インターネットメディア事業
ファイナンス事業
代表者 田中 実(代表取締役社長
資本金 9億1598万4千円
(2013年3月31日現在)
発行済株式総数 1億1438万800株
(2013年3月31日現在)
売上高 連結:232億76百万円
単体:219億49百万円
(2013年3月期)
純資産 連結:190億78百万円
単体:189億51百万円
(2013年3月31日現在)
総資産 連結:250億64百万円
単体:247億14百万円
(2013年3月31日現在)
従業員数 連結:416人
単体:354人(2012年3月31日現在)
決算期 3月末日
主要株主 株式会社デジタルガレージ 20.05%
株式会社電通 15.04%
(2012年9月30日現在)
主要子会社 関連会社の項目を参照
外部リンク http://corporate.kakaku.com/
テンプレートを表示

株式会社カカクコムは、日本のインターネット関連サービス事業を行っている、デジタルガレージ傘下の企業である。東京証券取引所一部上場。代表取締役社長田中実

概要[編集]

主力事業であるパソコンAV機器を中心とした電気製品の価格比較ウェブサイト「価格.com」は電気製品の価格比較のほかにも、商品(自動車ペットなどパソコン関連やAV機器以外もある)に関連する多数の電子掲示板群やショッピングモールを持つ。2008年(平成20年)1月現在、1か月あたり約1,261万人の利用者がいるとされる。売れ筋ランキングは実際に売れた数ではなく、独自のデータを元にした推定であるので、未発売の機種でもランキング上位に来ることがある。また、2005年(平成17年)にサービスを開始した利用者の口コミを導入しているグルメサイト食べログ」も月間利用者数が3,000万人を超え、老舗ぐるなびを抜いて業界首位となっている[1]

カカクコムが手がけるポータル事業
  • 価格比較サイト「価格.com」の企画・運営
  • グルメコミュニティサイト「食べログ.com」の企画・運営
  • 宿泊予約サイト「yoyaQ.com」の企画・運営
  • 賃貸・売買物件ポータルサイト「スマイティ.com」の企画・運営
  • 写真共有サイト「photohito.com」の企画・運営
  • 女性向けファッションポータルサイト「Dre’Che」の企画・運営
  • 旅行ポータルサイト「フォートラベル」の企画・運営
  • 映画ポータルサイト「eiga.com」の企画・運営

価格.comサイトの起業[編集]

創業者の槙野光昭はパソコン周辺機器メーカーに入社していたとき秋葉原に足しげく通って、店頭の値段をチェックする営業経験を得て秋葉原などのパソコンパーツの値段を一覧で知ることのできるサイトがあれば便利だと思いつきサイトを立ち上げた。サイトを立ち上げた当初はインターネットから調査収集し、手作業で更新していた。

そのうちにサイトの知名度が上がり店側としても「価格.com」に登録したほうがメリットを感じるようになり、店側が店頭価格を登録するシステムへと変わっていった。

価格を登録している販売店は、通信販売主体の業者が多い。

沿革[編集]

  • 1997年(平成9年)
    • 5月 - ウェブサイト「¥CORE PRICE¥」創設。まもなくサイト名を「¥パソコンの価格が分かるページ¥」に変更。
    • 12月 - 有限会社コアプライス設立。「¥パソコン価格情報¥」に変更。
  • 1998年(平成10年)9月 - 価格登録システムの開発・導入。
  • 1999年(平成11年)12月 - 本社を東京都台東区に移転。
  • 2000年(平成12年)
    • 3月 - サイト名をドメインである「価格.com」に変更。
    • 5月 - 有限会社コアプライスから株式会社カカクコムへ組織及び商号変更。
    • 9月 - 本社を東京都台東区に移転。
  • 2001年(平成13年)3月 - 100%子会社、株式会社カカクコム・インシュアランス(本社:東京都港区)を設立。
  • 2002年(平成14年)
    • 6月 - 株式会社デジタルガレージの資本参加を受ける。
    • 7月 - 株式会社デジタルガレージから役員を招聘し、同社の子会社となる。
  • 2003年(平成15年)10月 - 東京証券取引所マザーズに株式を上場。
  • 2004年(平成16年)
    • 3月 - 本社を現在の東京都文京区に移転。
    • 10月 - 株式会社エス・ワイ・エスからyoyaQ.com事業の営業譲受、サービス開始。
  • 2005年(平成17年)
    • 1月 - 株式譲受によりインターネット旅行関連サイトを運営するフォートラベル株式会社(代表:津田全泰)を完全子会社化。
    • 3月10日 - 東京証券取引所一部に(二部を飛び越し2段階)昇格。
    • 3月29日 - レストランのくちコミサイト「食べログ.com」のベータ版サービスを開始。
    • 5月 - 不正アクセス事件が発生し、10日間にわたりサイトを閉鎖(詳細は次項参照。完全復旧は同年6月)。
    • 12月 - 100%子会社、株式会社カカクコム・フィナンシャルを設立。
  • 2006年(平成18年)6月 - 取締役副社長であった田中実が3代目社長に就任。2代目社長・穐田誉輝は取締役相談役に異動。
  • 2007年(平成19年)4月 - 株式会社エイガ・ドット・コムを子会社化。
  • 2009年(平成21年)5月 - カルチュア・コンビニエンス・クラブと業務資本提携。同社が筆頭株主のデジタルガレージから20.31%の株式を取得し、カカクコムを持分法適用会社とする。
  • 2012年(平成24年)5月 - 電通と資本業務提携。同社はカルチュア・コンビニエンス・クラブから15.07%分の株式を取得[2]

不正アクセス事件[編集]

2005年(平成17年)5月ウェブサーバへのクラッキングでウェブページの一部が改ざんされアクセスしたパソコンにコンピュータウイルストロイの木馬型)を送り込むプログラムが仕掛けられたことが判明し、同年5月14日にサイトを閉鎖した。また「お知らせメール」サービスに登録された電子メールアドレス2万2,511件が流出した。

同年5月24日に一部復旧し、閉鎖期間10日間で売上高が1億5000万 - 2億5000万円の減少。掲示板などの全面復旧には1か月ほど時間を要すこととなった。

同年6月22日不正アクセス禁止法違反などの疑いで都内の27歳の中国人留学生を逮捕したと警視庁が同年7月6日に明らかにした[3][4]

2010年(平成22年)9月24日から25日にかけては、偽セキュリティソフトSecurity Tool」の感染が価格.comを含む多数のサイトで発生。ページ内に表示していたマイクロアド社の広告が原因、この広告を配信していた多数のサイトでも同様の被害が発生していた。

関連会社[編集]

  • 株式会社カカクコム・インシュアランス
  • 株式会社カカクコム・フィナンシャル
  • フォートラベル株式会社
  • 株式会社エイガ・ドット・コム
  • 株式会社タイムデザイン

歴代代表取締役[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]