アメリカ合衆国通商代表部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
通商代表部の紋章

アメリカ合衆国通商代表部(アメリカがっしゅうこくつうしょうだいひょうぶ、Office of the United States Trade Representative, USTR)は、アメリカ大統領府内に設けられた通商交渉のための機関。長官に相当するアメリカ合衆国通商代表は、閣僚級ポストで大統領に直属。大使の資格を持ち、外交交渉権限を与えられている。

1963年大統領令で創設された後、1974年の通商法により、法律的な位置づけが与えられた。関税法・通商法・通商拡大法に基づく通商協定の締結・運用が主な任務だった。しかし1980年代に入ると、アメリカの通商政策全般に関わる強大な権限を得た。具体的には、世界貿易機関 (WTO) や経済協力開発機構国際連合貿易開発会議などの多国間交渉でアメリカを代表する。

また、アメリカ合衆国の一方的立場による不公正貿易に関する調査・勧告なども行っており、毎年3月末頃に「外国貿易障壁報告書」(National Trade Estimate Report on Foreign Trade Barriers、通称「NTEレポート」)を議会に提出している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]