フレデリック・ロー・オルムステッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Frederick Law Olmsted.jpg

フレデリック・ロー・オルムステッド(Frederick Law Olmsted、1822年4月26日-1903年8月28日)は、アメリカ合衆国造園家都市計画家。「ランドスケープ・アーキテクト」を最初に公式に名乗った人物。

生涯[編集]

1822年コネチカット州ハートフォードで、富裕な商人一家の長男として生まれた。

当初、イエール大学への進学を希望していた。しかし15歳の時、漆かぶれが原因で一時的に視力が衰え進学を断念する。 牧師で農業技師でもあったフレデリック・バートンの下で3年間、農地改良等の訓練を受けた。その後も貿易や航海士などさまざまな職業についているが1844年、農業に進む決心をし、イエール大学で当時の科学的農法を学んで、後ニューヨーク市郊外にあたるスタテンアイランドで1854年までは、農場の経営にあたっていた。

その後経験したヨーロッパ旅行の体験記を刊行したところ評判になりしばらく執筆業をしていた他、 ジャーナリストのアドルフ・ドゥエイらとサン・アントニオ新聞買収にも関与するが、1857年、主催していた月刊誌が経営的にゆきづまり廃刊に至る失意の底におかれる。35歳のとき、偶然出会った友人にセントラル・パークの監督官の仕事を勧められたのが、転機となる。

こうして1858年からは造園関係の仕事を始め、イギリスの造園設計手法である風景式庭園をアメリカの公園設計手法に位置づけさせ、その中で曲線を多く用いる自然らしさを強調したスタイルを推し進めた。

代表作[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]