アンドリュー・ジャクソン・ダウニング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アンドリュー・ジャクソン・ダウニング(Andrew Jackson Downing、1815年10月31日-1852年7月28日)は、アメリカ合衆国造園家。苗木商経営者。植物学田園住宅に造詣が深く、その著書は庭園設計の基準とされ世界的な名声を博した。

ニューヨークセントラルパーク造営計画の発案者でもあるが、その計画を実現する前に不慮の死を遂げた(ハドソン川で乗っていた遊覧船が火災を起こし、死亡)。その後セントラルパークの計画はフレデリック・ロー・オルムステッドの手により実現することとなる。

1841年に『Treatise on the Theory and Practice of Landscape Gardening』を著し、一躍その名を知られる。

1846年より、雑誌『Horticulturist』を編集発行する。誌上でニューヨークその他の大都市に大公園が必要であることを力説していた。このことがセントラルパーク誕生のきっかけとなる。

代表作に、ワシントン国会議事堂周辺の造園計画などがある。

参考資料[編集]