シカゴ万国博覧会 (1893年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シカゴ万国博覧会(シカゴばんこくはくらんかい、World's Columbian Exposition、Expo 1893)は、1893年5月1日から10月3日までアメリカ合衆国イリノイ州シカゴで開催された国際博覧会である。コロンブスアメリカ大陸発見400周年を記念して催されたため、シカゴ・コロンブス万国博覧会とも呼ばれる。19ヶ国が参加し、会期中2750万人が来場した。

フェリスが設計した大観覧車

会場には、アメリカ人技師のジョージ・ワシントン・ゲイル・フェリス・ジュニアにより設計されたモーター駆動による機械式観覧車(フェリス・ホイール)がそびえ立っていた。パリエッフェル塔に対抗して作られたものであり、直径75.5m、2,160人乗りという規模で、現代から見ても巨大なものだった[1]。観覧車が英語で「フェリス・ホイール」と呼ばれるのは、彼の名にちなむ。

関連項目[編集]

関連書籍[編集]

  • 万国宗教会議:一八九三年大会講演集復刻版 全2巻
  • The World's Congress of Religions-The addresses and papers delivered before the Parliament, and the Abstract of the Congresses, held in Chicago, August 1893 to October 1893, under the Auspices of The World's Columbian Exposition, Tokyo: Edition Synapse. ISBN 978-4-901481-98-4 www.aplink.co.jp/synapse/4-901481-98-3.htm

出典[編集]

  1. ^ Bird's-Eye View of the World's Columbian Exposition, Chicago, 1893” (1893年). 2013年7月18日閲覧。

外部リンク[編集]