釈宗演

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
釈宗演
1860年 - 1919年
諡号 窟号楞伽窟
生地 若狭国
没地 鎌倉
宗派 臨済宗
寺院 鎌倉円覚寺
洪川宗温福澤諭吉
弟子 夏目漱石鈴木大拙釈宗活古川尭道千崎如幻

釈 宗演(しゃく そうえん、安政6年12月18日1860年1月10日) - 大正8年(1919年11月1日)は、明治・大正期の臨済宗の僧。若狭国(現・福井県大飯郡高浜村(現在の高浜町)の生まれ。出家前は一瀬常次郎。字は洪嶽楞迦窟不可往洪嶽

日本人の僧として初めて「」を「ZEN」として欧米に伝えた禅師として、よく知られている。

生涯[編集]

著書[編集]

  • 『釈宗演全集』10巻(1929年–1930年)
  • 菜根譚講話(1926年)
  • 西遊日記」(1941年)

伝記[編集]

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

  • 丸山信編『人物書誌大系 30 福沢諭吉門下』日外アソシエーツ、1995年3月、ISBN 4816912843