ジョサイア・コンドル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョサイア・コンドル
Josiah-Conder-Portrait-1.jpg
建築學會発行「建築雑誌」より
人物情報
国籍 イギリスの旗 イギリス
生誕 1852年9月28日
ロンドン
死没 1920年6月21日(満67歳没)
東京府東京市
業績
建築物 三菱一号館
岩崎久弥茅町本邸
デザイン 歴史主義建築

ジョサイア・コンドルJosiah Conder1852年9月28日 - 1920年6月21日) はイギリスロンドン出身の建築家お雇い外国人として来日し、政府関連の建物の設計を手がけた。また工部大学校(現・東京大学工学部建築学科)の教授として辰野金吾ら、創成期の日本人建築家を育成し、明治以後の日本建築界の基礎を築いた。

のちに民間で建築設計事務所を開設し、財界関係者らの邸宅を数多く設計した。日本女性を妻とし、河鍋暁斎に師事して日本画を学び、日本舞踊、華道、落語といった日本文化にも大いに親しみ、趣味に生きた人でもあった。

「コンドル」はオランダ風の読み方で、「コンダー」の方が英語に近い。著書『造家必携』(1886年)には「ジョサイヤ・コンドル」とあり、政府公文書では「コンダー」「コンドル」が混在しているが、一般には「コンドル先生」で通っている。「コンデル」とも呼ばれた。

経歴[編集]

ジョサイア・コンドル博士像
東京大学構内)
  • 1852年 ロンドンのケニントン(22 Russel Grove, Brixton, Surrey)に生まれる[1][2]父は銀行員[要出典]
  • 1862年ロンドン万国博覧会 (1862年)での展示から日本美術に興味を持つ。
  • 1864年父親が急逝。
  • 1865年奨学金を得てベドフォード商業学校に3年間通ったが[1]、建築家を志し、1869年からロジャー・スミス(父の従兄でのちにロンドン大学教授になる建築家)の建築事務所で働きながら、サウスケンシントン美術学校とロンドン大学で建築を学ぶ。
  • 1873年 ウィリアム・バージェス事務所に入所。バージェスも日本美術愛好者で、先のロンドン万博でも日本美術の記事を執筆していた[3]
  • 1875年 バージェスの事務所を辞し、ワルター・ロンスデール(en:Horatio Walter Lonsdale)のもとでステンドグラスを学ぶ。
  • 1876年「カントリーハウスの設計」で一流建築家への登竜門であるソーン賞を受賞。日本政府(工部省)と契約(5年間)。
  • 1877年明治10年)来日、工部大学校(現・東京大学工学部建築学科)造家学教師および工部省営繕局顧問。麻布今井町(現・六本木2-1)に居住。
  • 1881年(明治14年)河鍋暁斎に入門、毎週土曜日が稽古日。
  • 1883年(明治16年)鹿鳴館開館。暁斎から暁英の号を授かる。(英暁か?[4]
  • 1884年(明治17年)絵画共進会に「大兄皇子会鎌足図」、「雨中鷺」を出品、入選。工部省との契約終了(辰野金吾の教授就任により工部大学校を解雇)。
  • 1886年(明治19年)帝国大学工科大学講師(4月)、官庁集中計画の一環で学生を引率しドイツへ出張(10月~)、ロンドンにも立ち寄り、翌年帰国。
  • 1888年(明治21年)講師辞任、建築事務所を開設。
  • 1893年(明治26年)花柳流の舞踊家、前波くめと結婚。
  • 1894年(明治27年)勲三等瑞宝章
  • 1904年東京麻布三河台町25(現・六本木4-3)に自邸を建設[5]
  • 1914年大正3年)工学博士号を授与される。
  • 1920年(大正9年)麻布の自邸で脳軟化症により逝去。67歳。11日前に亡くなった妻と共に護国寺に埋葬された。

主な作品[編集]

著書[編集]

  • 造家必携」明19.6
  • 「河鍋暁斎」岩波書店
  • 「庭造法」マール社
  • The Flowers of Japan And The Art of Floral Arrangement」1891年[7]
  • Landscape Gardening in Japan Kelly and Walsh, Limited, 1893年
  • The Floral Art of Japan 1899
  • Supplement to Landscape Gardening in Japan
  • Painting and Studies by Kawanabe Kyosai」1911

師弟関係[編集]

師匠
生徒(工部大学校
弟子

人物[編集]

  • 日本文化に傾倒。画家(浮世絵師)の河鍋暁斎に就いて学び、「暁英」という号を与えられた。河鍋暁斎がコンドルに教えたのは、狩野派の画法であると考えられている。また、遠州流の華道を学び、著作の"The Flowers of Japan and the Art of Floral Arrangement"は生け花についての英語による初めての本と言われている。
  • 大磯吉田茂邸隣地に別荘を保有していた。
  • コンドルの前任者であるシャステル・デ・ボアンヴィルら外国人教師の多くは尊大で日本人をばかにしているところがあったが(ボアンヴィルはフランス系で英語に訛りがあり生徒には聞き取りにくかったうえ、日本人とスコットランド人の悪口を言うのを趣味とするような人物だったと言われる)、コンドルは若く快活で英語も明瞭、日本文化への理解も深く、生徒に人気があった[8][9]

家族[編集]

  • 父・ジョサイヤ・コンドル(1822–1864) - ジェントルマン階級[2]。早くに亡くなり、一家は貧しかった。
  • 母・エリザ・コンドル(1820–1899) - 旧姓ウィルシャー[2]
  • 妻・前波くめ (1856-1920)- 日本舞踊家。師匠の菊川金蝶(本名・前波きく[10])の内弟子をしていたときに、日本舞踊を習っていたコンドルのところに出稽古に行ったことから知り合う[11]。東京本郷湯島天神町の町人・石村惣兵衛の次女として生まれ、神田白壁町の美術商(骨董商)の前波徳兵衛・梅遊夫婦の養女となる[12]。1893年、コンドル41歳、くめ37歳のとき、正式に結婚。コンドルの娘ヘレンの談によると、コンドルは洋館、くめは和館で暮らしており、ヘレンには厳しい母で、母娘の関係は親密ではなかったという[13]
  • 娘・ヘレン(1880もしくは1883-1974) - 日本名はアイコともハナとも。コンドルがくめと知り合う前に芸者との間にもうけた子と言われ、下町の貧しい長屋に養女に出されていたのをコンドルが結婚後、引き取った[8]東京女学館を卒業後、1901年ベルギーブリュッセルにあるフィニッシング・スクールに4年間留学し、その帰国の船上で、スウェーデン海軍の士官だったウィリアム・レナート・グルット(1881-1949)と知り合い、コンドルが設計した東京港区芝の聖アンデレ教会で1906年に結婚[14][13]。グルットはスウェーデンスカラボリ県Gammalstorp村領主の息子で、両親はデンマーク人(祖先は貿易商)[15]、兄に建築家のトーベン・グルット(sv:Toben Grut)がいる[16]。グルットは親戚が経営するタイの電力会社とゴム農園経営を手伝うことになり[17]、のちにマレーシアヤシ油農園「en:United Plantations」の社長となり[18]、ヘレンもそれに伴いタイやマレーシアで暮らし、6人の子をもうけた[13]。ヘレンは非常に美貌で、知識人ではなかったが、数か国語を話したという[13]。コンドル死亡時にバンコクから一度来日したが、それ以降日本を訪れることはなかった。幼いころコンドルとともに河鍋暁斎に日本画を習っており[19]、コンドル没後、土地の相続を放棄したかわりに、コンドルが収集した暁斎作品を含む日本美術コレクションを持ち帰り、ヨーロッパなどで売却した(暁斎作品は暁斎博物館が数億円で購入[8])。
  • 息子 - ヘレンの談によると、コンドルには息子もいたが、夭逝したためヘレンが引き取られたという[13]
  • 娘・ヤエ(養女) - くめの姉の子。ヤエが相続したコンドルの土地家屋はヤエの実弟の前波章三が引き継いだ[5]

脚注[編集]

  1. ^ a b Josaih CondorOxford Dictionary of National Biography
  2. ^ a b c Conder in LondonJapan and Britain After 1859: Creating Cultural Bridges, Olive Checkland, Routledge, Aug 29, 2003
  3. ^ Japonisme in Britain: Whistler, Menpes, Henry, Hornel and Nineteenth-century JapanAyako Ono, Routledge, Nov 5, 2013
  4. ^ 英人コンデール画号は英暁新聞集成明治編年史第五卷、林泉社、1936-1940
  5. ^ a b 麻布の軌跡 英国から来た建築家ジョサイア・コンドル港区広報誌『ザ・AZABU』20号
  6. ^ 鈴木博之初田亨編『図面でみる都市建築の明治』柏書房、1990年、17頁。
  7. ^ 本学所蔵 ジョサイア・コンドル著作解説清泉女子大学図書館、2007年
  8. ^ a b c 内田祥三・丹下健三と建築学の戦中・戦後 藤森照信、UTokyo OCW、2014
  9. ^ 異人たちの足跡 17 ジョサイア・コンドルJapan Travel.com, 2012
  10. ^ 智恵のクロスロード第20回「日本の文化と人情を愛し続けたジョサイア・コンドル(続2)」近藤太一、池上惇私塾「市民大学院」、2014-12-01
  11. ^ 日本で眠る「お雇い外国人」と妻渡部裕明、産経新聞、2014.1.22
  12. ^ 『日本の「創造力」: 近代. 現代を開花させた四七〇人』日本放送出版協会
  13. ^ a b c d e Helen Aiko ConderGeni
  14. ^ 岩崎久彌とコンドル旧岩崎邸案内/茅町コンドル会
  15. ^ William LENNART GRUTgruthansen.org
  16. ^ William Walter Hansen GrutGeni.com
  17. ^ The Up SagaSusan M. Martin. NIAS Press, 2005
  18. ^ Truly a sagaThe Star Online, September 16, 2006
  19. ^ KAWANABE KYOSAI (1831-89), MEIJI PERIOD (1884-6)YAMATO BIJIN NO ZU [JAPANESE BEAUTIES]Christie's オークションSALE 6310, 2000

関連文献[編集]

  • コンドル博士遺作集(1931)
  • 日本の建築 明治大正昭和2 (三省堂、1979)
  • ジョサイア・コンドル建築図面集(全3巻、中央公論美術出版、1980-1986)
  • 鹿鳴館の夢 建築家コンドルと絵師暁英(藤森照信ほか、INAX、1991)
  • ヴィクトリアン・ゴシックの崩壊(鈴木博之、中央公論美術出版、1996)
  • 鹿鳴館の建築家 ジョサイア・コンドル展.図録
(鈴木博之監修、東日本鉄道文化財団、1997/補訂版、建築画報社、2010)
  • 鹿鳴館を創った男 お雇い建築家ジョサイア・コンドルの生涯(畠山けんじ、河出書房新社、1998)
  • 物語ジョサイア・コンドル 丸の内赤レンガ街をつくった男(永野芳宣 中央公論新社 2006)
  • 河鍋暁斎 (山口静一訳、岩波文庫 2006)
  • 美しい日本のいけばな(工藤恭子訳 講談社 1999)
    • 同インターナショナルで英文原著『日本のいけばな』、『日本庭園入門』 

外部リンク[編集]