河鍋暁斎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
長唄の会 番組「連獅子」より
河鍋暁斎記念美術館 (埼玉県蕨市)

河鍋 暁斎(かわなべ きょうさい、天保2年4月7日1831年5月18日〉 - 明治22年〈1889年4月26日)は、幕末から明治にかけて活躍した浮世絵師日本画家。号は「ぎょうさい」とは読まず「きょうさい」と読む。それ以前の「狂斎」の号の「狂」を「暁」に改めたものである[1]。明治3年(1870年)に筆禍事件で捕えられたこともあるほどの反骨精神の持ち主で、多くの戯画や風刺画を残している。狩野派の流れを受けているが、他の流派・画法も貪欲に取り入れ、自らを「画鬼」と称した。その筆力・写生力は群を抜いており、海外でも高く評価されている。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

「閻魔と地獄太夫図」 制作時期不明 プライスコレクション 河鍋暁斎記念美術館にもほぼ同図様の作品がある

天保2年(1831年)、下総国古河(現茨城県古河市)に生まれる。父は古河藩士(養子)の河鍋記右衛門であったが、天保3年(1832年)に江戸へ出て幕臣定火消同心の株を買って本郷お茶の水の火消し屋敷に住み、甲斐姓を名乗る。同時に一家は揃って江戸に出ている。幼名は周三郎といい、河鍋氏を継いだ。兄に直次郎がいた。天保4年(1833年)、周三郎は母につれられ館林の親類、田口家へ赴いた。この時、初めて周三郎は蛙の写生をした。


修行時代[編集]

天保8年(1837年)、浮世絵師歌川国芳に入門。国芳は門弟に人を搏ち、組み伏せ、投げ飛ばし、また投げ飛ばされる様々な携帯を注意深く観察すべきだと教えていた。若き暁斎は、この師の教えを忠実に実行するため、一日中画帖を片手に貧乏長屋を徘徊し、喧嘩口論を探して歩いたという。天保10年(1839年)5月、梅雨の長雨による出水時に神田川で拾った生首を写生し、周囲を吃驚させたという「生首の写生」の伝説を残す。

天保11年(1840年)、国芳の素行を心配した父により狩野派の絵師前村洞和に再入門。翌年洞和が病に倒れたため、彼の師家にあたる駿河台狩野家当主の洞白に預けられた。弘化3年(1846年)には小石川片町からの出火で火消し屋敷も消失してしまうが、このとき火事の写生をしている。狩野派門弟時代の逸話に、鯉の写生の話がある。過労で疲れを覚えた暁斎は塾生たちと川遊びに出かけ、そこで3尺近い鯉を生け捕ることが出来た。暁斎は遊び仲間を置いて急いで画塾に戻り、この鯉のあらゆる部分を忠実に写生し、鱗の数をも正確に数え上げた。写生を終えると仲間たちは鯉を殺して食べようとしたが、暁斎は「この鯉はあらゆる部分を写生させてもらった以上我が師であり、礼を尽くして天寿を全うさせてやらねばなりません」と抗議した。暁斎の兄弟子は聞く耳持たず料理を始めようとしたが、突然鯉は激しく飛び上がり、結局暁斎の意見が通って近くの池に放たれた。後年、暁斎は自分に鯉を書く優れた技倆があるとすれば、それはこの事件によるものだとよく語ったという。嘉永元年(1848年)に、現存する暁斎最初期の肉筆作品「毘沙門天之図」を制作している。翌嘉永2年(1849年)、洞白より洞郁陳之(とういくのりゆき)の号を与えられる。狩野派の修業は、橋本雅邦によると一般に入門から卒業まで11、2年かかると記しており、9年で卒業した暁斎は優秀といえる。さらに嘉永3年(1850年)11月には館林藩(秋元家)の絵師坪山洞山の養子になって、坪山洞郁と称している。

独立[編集]

嘉永5年(1852年)、遊興がたたって(珍しい帯の写生をするために女中の尻を追っていって誤解されたといわれる)坪山家を離縁され、暫くは苦難の時代が続いた。しかし安政2年(1855年10月2日に起こった安政江戸地震の時に仮名垣魯文の戯文により描いた鯰絵「お老なまず」によって本格的に世に出ることとなった。この鯰絵は地震で壊滅した遊廓吉原が仮店舗で営業しているという広告のようなもので、暁斎の錦絵第一号であったが、それは歌川豊国風の女性と鯰の格好をしている遊び人の組合せで、彫りも悪く暁斎にとっては名誉ある処女作とはとても言いがたいものであった。当時暁斎は浮世絵をはじめ日本古来の画流も広く学んでいた。安政4年(1857年)、江戸琳派の絵師鈴木其一の次女お清と結婚、絵師として独立するとともに父の希望で河鍋姓を継ぐ。

安政5年(1858年)、狩野派を離れて「惺々狂斎」と号し浮世絵を描き始め、戯画風刺画で人気を博した。他に暁斎の画号には、周麿、酒乱斎雷酔、酔雷坊、惺々庵、などがあり、明治4年(1871年)以後、号を「暁斎」と改める。明治18年(1885年)には湯島霊雲寺の法弟になって是空入道、如空居士と号した。幕末期は、『狂斎画譜』『狂斎百図』などを出版したほか、漢画、狂画、浮世絵それぞれに腕を振るった。

明治の暁斎[編集]

明治元年(1868年)、徳川家の転封とともに暁斎の母と甥(亡くなった兄・直次郎の息子)は静岡へ移る。明治3年(1870年)10月6日、上野不忍池の長酡亭における書画会において新政府の役人を批判する戯画を描き、政治批判をしたとして捕えられ未決囚の入る大番屋へ。翌年に放免、後は「暁斎」を名乗る。

幕末から絵日記をつけ始めたようで、亡くなる1か月前のものまで残っている。[2]20年も書いたが発見されているのは合わせて4年分である。[3]書かれた人の似顔絵が似ているばかりでなく、ありとあらゆる事を記録し、金の支払いから、画料、毎日の天候まで記し、気象庁でも毎日の天気の記録は明治14年(1881年)からであるから、彼の記録は貴重である。[4]

明治5年(1872年仮名垣魯文の『安愚楽鍋』(第三編)、明治7年(1874年)『西洋道中膝栗毛』(第11編の一部、第12~15編)などの挿絵を描く。明治6年(1873年ウィーン万国博覧会に大幟「神功皇后武内宿禰図」を送り、日本庭園入口に立てられる。明治9年(1876年)、エミール・ギメらの訪問を受ける。ギメが連れてきた画家フェリックス・レガメと互いに肖像画を描いて競い合った。

明治13年(1880年)、新富座のために幅17m高さ4mの「妖怪引幕」(早稲田大学演劇博物館蔵)を4時間で描く。明治14年(1881年)、第2回内国勧業博覧会に出品した「枯木寒鴉図(こぼくかんあず)」(榮太樓蔵)が「妙技二等賞牌」を受賞。暁斎はこの作品に百円という破格の値段をつけ、言い値で買われて周囲から非難されると「これは烏の値段ではなく長年の画技修行の価である」と答えたという[5]

コンドルとの交流[編集]

同じ明治14年、お雇い外国人の建築家ジョサイア・コンドルが入門。コンドルは暁斎からイギリスの暁斎を意味する「暁英」の号を与えられるほど親しく、2人の交流は前述の暁斎の絵日記にも見られる[6]。この絵日記では他にも、明治3年(1870年)頃から明治22年(1889年)3月頃の暁斎の私生活の状況が、ある程度把握できる。例えば明治17年(1884年)2月26日に、「客山本、フキノトウ、大島屋、卵。笹之雪参る」とあり、大島というのは、尾形月耕に代わって月耕の弟・名鏡次郎吉の面倒を見ている親戚のことではないかと思われる。笹之雪は、台東区根岸にある暁斎馴染みの豆腐専門料理屋である(正確には「笹乃雪」、今日でも根岸名物で著名)。同年狩野洞春秀信が死去の際、狩野派の画法遵守を依頼されたため、改めて守家の狩野永悳に入門し、駿河台狩野家を継承した。

岡倉覚三(天心)、フェノロサ東京美術学校(現東京芸術大学の前身)の教授を依頼されたが、果たせずに明治22年(1889年)、胃癌のためコンドルの手を取りながら逝去。暁斎は死の3日前、絵筆を取りたい欲求に抗し難く、枕後ろの障子にやせ衰えた自分の姿と、もうすぐ自分が入るであろう角型の桶を描いたという。墓所は谷中にある瑞輪寺塔中正行院、戒名は本有院如空日諦居士。墓石は遺言により、暁斎が好んで描いたに似た自然石が用いられている。

門人[編集]

暁斎の門人としては、二番目の妻から生まれた次男の暁雲、三番目の妻から生まれた暁斎の長女・河鍋暁翠の他、真野暁亭、暁亭の父であった暁柳早川松山長井一禾土屋暁春辻暁夢斎藤暁文、彫金家となった海野美盛松下久吉林法泉島田友春大江学翁、昆徳爾(ジョサイア・コンドル)、鹿島暁雨(清兵衛)、尾形月耕の弟・滝村弘方らがいた。『河鍋暁斎翁伝』には暁雲の話として、前述の松山、暁柳、暁亭、暁春、暁夢、美盛、学翁、法泉、コンドル、暁雨、友春、弘方のほか、松下久吉、模様師の小島石蔵、小島豊吉、上絵師の石崎守蔵、姓不詳の久八、医師の本郷某、彫刻師の仙太郎、山本竜洞、杉本留吉、柴田某の合計22人の名前をあげている。さらに小林清親綾部暁月吉田暁芳三宅花圃が暁斎の門人としてあげられる。

代表作[編集]

作品名 技法 形状・員数 所有者 年代 落款・印章 備考
毘沙門天之図 紙本着色 一幅 河鍋暁斎記念美術館 1848年(嘉永元年) 18歳の作品
鍾呂伝道図 絹本着色 一幅 河鍋暁斎記念美術館 1862年(文久2年)
龍の天井絵 1865年(慶応元年) 戸隠神社中社 原本は暁斎35歳時における信州旅行の際の作品。1942年火災によって焼失したものをデジタル技術による復元した天井絵(2003年)[7][8]
放屁合戦絵巻 紙本墨画淡彩 ニ巻 河鍋暁斎記念美術館 1867年(慶応3年)
地獄極楽図 麻布着彩 一幅 東京国立博物館 明治以前 無款
豊干禅師と寒山拾得図 紙本墨画淡彩 一幅 東京国立博物館 1870年(明治3年)以前
地獄極楽めぐり図 紙本着色 一帖全40図 静嘉堂文庫美術館 1869-72年(明治2-5年) 共箱は柴田是真
河竹黙阿弥作『漂流奇譚西洋劇』パリス劇場表掛りの図 絹本著色 1幅 GAS MUSEUM がす資料館 1879年(明治12年)
龍虎図屏風 紙本金地墨画 二曲一隻 板橋区立美術館 1879年(明治12年)以降
大森彦七鬼女と争う図 板絵金箔地彩色 成田山新勝寺 1880年(明治13年)
花鳥図 一幅 東京国立博物館 1881年(明治14年)
白鷲と猿図 絹本墨着色 河鍋暁斎記念美術館 1884年(明治17年)
山姥と金太郎図 絹本着色 一幅 東京国立博物館 1884年(明治17年)頃
大和美人図 絹本着色 二曲一隻押絵貼屏風の右図 個人蔵(京都国立博物館寄託 1884-85年(明治17-18年) コンドルの日本画の上達ぶりを喜んだ暁斎が、コンドルに「我が丹精を篭めたる日本婦人の図を贈る」ために描いた作品。暁斎はコンドルの目の前でこの絵を制作し、コンドルは後の自著においてその製作過程を23ページにわたり詳細に記述している。なお左側の「若衆図」は、コンドルが自身のコレクションの中から張り合わせたもの。河鍋暁斎記念美術館を作った子孫の河鍋楠美は、この絵の行方を熱心に探索し、ついに発見につながった[9]。コンドルの死後は子孫が所有していたが、その後オークションに出されたのを日本人が競り落とし里帰りを果たした。
七福神入浴図 紙本著色、金、銀 二曲一隻 オランダ国立民族学博物館 1884-86年(明治17-19年)
北海道人樹下午睡図(松浦武四郎涅槃図) 絹本着彩 一幅 松浦武四郎記念館 1881-86年(明治14-19年) 重要文化財(「松浦武四郎関係資料」のうち)
宝珠に松竹梅 紙本墨画 一幅 河鍋暁斎記念美術館 1888年(明治21年)
龍頭観音 紙本墨画淡彩 一幅 東京国立博物館 1888年(明治21年) 
慈母観音図 絹本着色 一幅 日本浮世絵博物館
左甚五郎図 紙本着色 二曲一双 千葉市美術館
日光地取絵巻 紙本墨画淡彩 ニ巻 河鍋暁斎記念美術館
鯉魚遊泳図 絹本墨画金泥 一幅 河鍋暁斎記念美術館
鍾馗の戒め図 絹本着色 一幅 河鍋暁斎記念美術館
弾琴五美女憩の図 絹本着色 一幅 河鍋暁斎記念美術館 無款
文読む美人図 絹本着色 一幅 河鍋暁斎記念美術館
龍頭観音図 絹本着色 一幅 個人蔵
地獄太夫と一休 絹本着色、金、銀 一幅 ボストン美術館 落款「惺々狂斎画」 地獄太夫とは一休宗純から教えを授けられた遊女。地獄太夫は幕末から明治にかけて流行した画題だが暁斎は特にこれを好み、版画・肉筆問わずしばしば描いている。
地獄太夫と一休 絹本着色 一幅 イスラエル・ゴールドマンコレクション(ロンドン) 1871年(明治4年)以降 落款「惺々狂斎画」
一休禅師地獄太夫図 絹本着色 一幅 ウェストンコレクション(シカゴ) 1885年-89年(明治18-22年) 落款「如空暁斎図」/「暁斎戯画」朱文方印 1911年にコンドルが暁斎を紹介した書籍に写真付きで紹介された、類作中の基準作。1911年当時は[[ウィリアム・アンダーソン (医師)ウィリアム・アンダーソン旧蔵で、1942年にジョサイア・コンドルへと渡り、近年までコンドルの子孫に伝来した。なお、河鍋暁翠がコンドルに宛てた明治23年(1890年)1月付の画証が別に残っている[10]
妓楼酒宴図 絹本着色 一幅 心遠館(プライス・コレクション)
閻魔地獄太夫図 絹本淡彩 一幅 心遠館
達磨図 紙本墨画 一幅 心遠館
獣群舞図 紙本着色 一幅 リンデン美術館
美女の袖を引く骸骨図 紙本着色 ビーティッヒハイム・ビッシンゲン美術館

脚注[編集]

  1. ^ 「暁」には「キョウ」の音読みもあり、「ギョウ」は慣用音である。
  2. ^ 河鍋暁斎記念美術館(2013)。しかし、発見された日記の最初は明治3年6月7日、最後は明治22年3月26日である。
  3. ^ 河鍋暁斎記念美術館(2013)
  4. ^ 河鍋暁斎記念美術館(2013)pp.13-14
  5. ^ 暁斎は自ら画工と称し、高尚な芸術家という意識はなかったが、長年培ってきた自らの技術に関しては絶対の自信をもっていた(宮下規久朗『欲望の美術史』光文社新書 2014年p.36)。
  6. ^ 河鍋楠美 河鍋暁斎記念美術館編集・発行 『暁斎絵日記の中のジョサイア・コンドル』 1997年5月28日。河鍋家では今でも「コンデルさん」の名で親しまれているという。
  7. ^ 幻の龍を復元――物語が生まれるデジタルアーカイブ
  8. ^ 「龍の天井絵」のある戸隠神社公式HP
  9. ^ 河鍋楠美 「大和美人図屏風」(図録(1998)pp.110-112)。
  10. ^ 永田生慈監修 日本経済新聞社企画・編集協力 『シカゴ ウェストンコレクション 肉筆浮世絵─美の競艶』 小学館スクウェア、2015年4月20日、pp.180-181,205、ISBN 978-4-7979-8573-3

参考文献[編集]

伝記
単行本
画集
展覧会図録
概説書
  • 藤懸静也 『増訂浮世絵』 雄山閣、1946年 pp.277-278 ※近代デジタルライブラリーに本文あり。
  • 吉田漱 『浮世絵の見方事典』 北辰堂、1987年
  • 稲垣進一編 『ふくろうの本 図説浮世絵入門』 河出書房新社、1990年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]