美術手帖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

美術手帖(びじゅつてちょう)とは、美術出版社から刊行されている月刊の美術誌。愛称は「BT」。A5サイズ。1948年創刊。

近現代美術を中心に、内外の美術動向を紹介する雑誌である。各号ごとの特集のほか、海外ニュース、展覧会ガイドなどを掲載。

増刊として、毎年1回「美術手帖年鑑(BT年鑑)」が1957年から長らく刊行されていたが、個人情報保護法の問題もあり、「BT年鑑2006」までで休刊。

歴代編集長[編集]

  • 愛甲健児(1931年生まれ)(?~1967年)
  • 宮澤壯佳(1933年生まれ)(1968年~1971年):「編集人」名義
  • 福住治夫(1971年~1973年)別名・高島平吾:「編集人」名義
  • 川合昭三(1928年生まれ)(1974年):「編集人」名義
  • 田中為芳(1975年~1978年):「編集人」名義
  • 木村要一(1944年生まれ)(1979年~1985年):「編集人」名義
  • 大橋紀生(1943年生まれ)(1986年~1989年)副編集長:三上豊
  • 伊藤憲夫(1952年生まれ)(1990年~1992年)
  • 椎名節(1993年~1995年) :「編集主幹」という役職名。その部下に位置する同時期の「編集長」は篠田孝敏
  • 真壁佳織(1996年~1997年)
  • 伊藤憲夫(1952年生まれ)(1997年~2001年)(再任)
  • 楠見清(1963年生まれ)(2001年~2004年)
  • 押金純士(1969年生まれ)(2004年~2008年)
  • 岩渕貞哉(1975年生まれ)(2008年~)

別冊・増刊など[編集]

  • みづゑ(2001-2007のものは「別冊美術手帖」という位置づけ)
  • デザインの現場
  • マンガ・テクニック(別冊美術手帖)
  • コミッカーズ(別冊美術手帖)

芸術評論募集[編集]

美術手帖の主催で、不定期に「芸術評論募集」が開催されている。第1回は1954年で(ただし、月刊『美術批評』の「新人評論募集」という位置づけ)、最新のものは、2009年に募集された「第14回」。

東野芳明(1954年の第1回の一席)、中原佑介(1955年の第2回の一席)、たにあらた(谷新、1972年の第7回の一席)などの美術評論家を輩出している。

第14回(2009年)[編集]

"『美術手帖』創刊60年記念"と銘打たれている。入選者(沢山遼、石村実、野田吉郎、本阿弥清、森啓輔、山辺冷)、審査員(谷川渥椹木野衣、松井みどり)などは、次のページ([1])で紹介されており、入選作もPDFファイルで読むことができる。

外部リンク[編集]