戯画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

戯画(ぎが)は、おかしみのある絵、または戯れに書かれた絵のこと。落書き、風刺画、漫画カリカチュアなどと重なる面が多く、これらと明確には区別し難い。「戯画」の名を冠した作品としては鳥羽僧正(伝)による『鳥獣人物戯画』が著名である。

ウィキペディア日本語版における包括的な解説は以下を参照。

  • 漫画 - 古代の戯画から現代のコマ割漫画にいたる歴史を概説。
  • カリカチュア - 16世紀イタリアより発生した、誇張表現を伴う人物画・風刺画の技法を解説。
  • カートゥーン - 「カートゥーン」という語で示される欧米の1コマ漫画および児童向けのアニメーションを解説。

そのほか戯画とされうる絵のジャンルとして鳥羽絵大津絵俳画といったものがある。

参考文献[編集]

  • 「戯画」 秋山光和編 『新潮世界美術辞典』 新潮社、1985年、357頁