浜田藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

浜田藩(はまだはん)は、石見国浜田(現在の島根県浜田市)周辺を領有した。藩庁は浜田城

藩史[編集]

浜田城に移築された津和野藩武家屋敷の門

石見国は中国地方の大半を領有していた毛利氏の所領であった。しかし、慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いに敗北し、周防国長門国の2国に減封となる。その後、石見は徳川氏の直轄領となるが、津和野藩坂崎直盛が入ると、坂崎氏の管理下に置かれた。

元和5年(1619年)2月13日、伊勢松坂藩より古田重治が石見国の1部、5万4000石を与えられて入封し、浜田藩が立藩した。藩庁のおかれた浜田城は、かつて吉川家なども陣屋をおいたとされる鴨山で、古田家が新たに築城したものである。築城の際、鴨という名は城地にふさわしくないとして亀山に地名が改められ、城の別称は亀山城と呼ばれた。慶安元年(1648年)、第2代藩主・古田重恒は重臣を斬殺するというお家騒動(古田騒動)を起こし、また嗣子が無かったこともあって改易となった。

その後、浅野長治亀井茲政が浜田藩を管理したが、慶安2年(1649年)8月12日、播磨山崎藩より松平(松井)康映が5万石で入封する。その後、5代にわたって在封したが、第5代藩主・松平康福時代の宝暦9年(1759年)1月15日、下総古河藩に転封される。

代わって同地より、徳川四天王本多忠勝の嫡流である本多忠敞が5万石で入封した。これは本多氏の一族である本多忠央が前年に「郡上騒動」による連座で改易され、本家もそれに連座する形で左遷されたものである。第3代藩主・忠粛時代の明和6年(1769年)11月18日、三河岡崎藩へ移封される。

代わって古河藩から岡崎藩に転封されていた松平(松井)康福が再度5万5400石で再封する。康福は老中としての精勤を賞され、1万石の加増を受けた。第3代藩主・康任の時代の天保7年(1836年鬱陵島を仲介所とする李氏朝鮮との密貿易が間宮林蔵の密偵により発覚し、康任は老中を罷免され蟄居されるという竹島事件が起こる。このため、康任は失脚して強制隠居処分に処され、第4代藩主・康爵は天保7年(1836年)3月12日に陸奥棚倉藩へ懲罰的な転封となった。

上野国館林藩より第6代将軍徳川家宣の弟・清武を祖とする松平(越智)斉厚が6万1000石で入封した。第15代将軍・慶喜の実弟であり、水戸徳川家から養子に入った第4代藩主・武聰は、慶応2年(1866年)、第二次長州征伐のとき、浜田口を担当し、長州藩側の大村益次郎が指揮する軍に悉く撃破された。浜田の街に長州軍が入ったときには、武聰は戦わずして浜田城を放棄して松江城に逃れた。その後、武聰は美作国の飛び地(鶴田領)まで逃れ、ここで鶴田藩を興して明治維新を迎えた。この際に、浜田の街は焼き払われ、浜田城も同時に灰燼に帰した。その後、浜田は長州藩の占領下となり廃藩となる。

明治2年(1869年)、版籍奉還により隣接して同じく長州藩の占領下にあった天領・石見銀山領とともに大森県となり、さらに明治4年(1871年)、県庁が浜田へ移転され浜田県となった後、島根県に編入された。

歴代藩主[編集]

古田家[編集]

外様 5万4千石 (1619年 - 1648年)

  1. 重治(しげはる)〔従五位下・大膳大夫〕
  2. 重恒(しげつね)〔従五位下・兵部少輔〕

松平〔松井〕家[編集]

譜代 5万石 (1649年 - 1759年)

  1. 康映(やすてる)〔従五位下・周防守〕
  2. 康宦(やすひろ)〔従五位下・周防守〕
  3. 康員(やすかず)〔従五位下・周防守〕
  4. 康豊(やすとよ)〔従五位下・周防守〕
  5. 康福(やすよし)〔従四位下・周防守、侍従〕 奏者番・寺社奉行・大坂城代

本多家[編集]

譜代 5万石(10万石格) (1759年 - 1769年)

  1. 忠敞(ただひろ)〔従五位下・中務大輔〕
  2. 忠盈(ただみつ)〔従五位下・中務大輔〕
  3. 忠粛(ただとし)〔従五位下・中務大輔〕

松平〔松井〕家[編集]

再封 5万5千石→6万5千石 (1769年 - 1836年)

  1. 康福(やすよし)〔従四位下・周防守、侍従〕 大坂城代・西の丸老中・本丸老中
  2. 康定(やすさだ)〔従五位下・周防守〕 奏者番・寺社奉行
  3. 康任(やすとう)〔従四位下・周防守、侍従〕 奏者番・寺社奉行・大坂城代・京都所司代・西の丸老中・本丸老中
  4. 康爵(やすたか)〔従五位下・右近将監〕

松平〔越智〕家[編集]

親藩 6万1千石 (1836年 - 1866年)

  1. 斉厚(なりあつ)〔従四位上・右近将監、少将〕 奏者番・寺社奉行
  2. 武揚(たけおき)〔従四位下・右近将監〕
  3. 武成(たけしげ)〔従五位下・右近将監〕
  4. 武聰(たけあきら)〔従四位下・ 右近将監、侍従〕

鶴田藩[編集]

鶴田藩(たづたはん)は、幕末から明治初頭まで存在した藩。藩庁は鶴田陣屋(現在の岡山県津山市)に置かれた。

慶応2年(1866年)、第二次長州征伐の際、松江城に逃れた松平武聰は、浜田藩の飛び地であった美作国久米北条郡鶴田(岡山県岡山市北区建部町)まで落ち延び、幕府より蔵米2万石を支給された。翌慶応3年(1867年)、美作国内に鶴田8千石に加え、新たに所領2万石を与えられ2万8千石で立藩した。慶応4年(1868年)5月、明治政府より加増があり、最終的に6万1千石の石高となった。鶴田藩は明治4年、廃藩置県により鶴田県となったが、最終的に日本全国で鶴田藩のみが五箇条の御誓文の奉答書に藩主またはその代理の署名が行われないままの廃藩であった[1]。その後、北条県を経て岡山県に編入された。短期間存在した藩であったが、陣屋門が現存する。

幕末の領地[編集]

浜田藩[編集]

美作国飛地領については下記の鶴田藩を参照。

鶴田藩[編集]

明治維新後に、勝北郡3村、勝南郡31村、久米北条郡22村、久米南条郡29村(以上は龍野藩預かりの旧幕府領、それ以前は旧浜田藩領)、英田郡11村(旧龍野藩領)が加わった。

脚注[編集]

  1. ^ 水谷憲二『戊辰戦争と「朝敵」藩-敗者の維新史-』(八木書店、2011年)P14

参考文献[編集]

関連作品[編集]


先代:
石見国
行政区の変遷
1603年 - 1866年
(浜田藩)
次代:
山口藩占領下
浜田県
(藩としては鶴田藩)
先代:
浜田藩飛地
美作国
行政区の変遷
1867年 - 1971年
(鶴田藩→鶴田県)
次代:
北条県