歌川豊国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
初代歌川豊国肖像。初代歌川国貞画。

初代 歌川豊国(しょだい うたがわ とよくに、明和6年〈1769年〉 - 文政8年1月7日1825年2月24日〉)とは、江戸時代浮世絵師。本名は倉橋 熊吉(くらはし くまきち)、後に熊右衛門。一陽斎(いちようさい)と号す。

来歴[編集]

江戸芝神明前の人形師五郎兵衛の息子として生まれる。幼少期に歌川派の創始者歌川豊春の元で学び歌川豊国と称し、理想の美しさを表現した役者絵美人画で絶大な人気を得た。天明6年(1786年)には処女作を発表し、以降作画は最晩年の文政7年まで及んだ。寛政2、3年(1790年-1791年)頃から、和泉屋市兵衛より美人画を出し、清長風や歌麿風を取入れながら、独自の様式を模索していた。

「役者舞台之姿絵 はま村や」 三代目瀬川菊之丞の大和万歳じつは白拍子久かた。寛政6年11月都座の『閏訥子名和歌誉』(うるおうとしめいかのほまれ)より。豊国画。

寛政6年(1794年)5月、和泉屋市兵衛から豊国による「役者舞台之姿絵」の連作が出版された。これは単調な背景に浮き上がる当時の人気役者の舞台姿を描いたものである。寛政4年に勝川春章は世を去り、春英らが役者絵を描いて活躍していたが、人々は新しい風を期待していた。そこに豊国の役者絵「役者舞台之姿絵」が登場したのであった。この「役者舞台之姿絵」は大変な好評で、寛政8年(1796年)までの間に40点以上が制作されている。その後役者絵を独占する様になり、文化文政(1804-30年)年間には舞台上の役者を客観的に捉え、三枚続に一場面を舞台の背景も加えて描き、より一層大衆の人気を得るに至った。その後次第に様式化していくが、時代の好みを敏感に摑み、いっぽう美人画においても時代の要求に応じた粋と侠艶の婀娜な女性美を描く歌川派様式を創り出した。さらに読本、絵本、合巻の挿絵など幅広い分野に活躍し、合巻に出てくる登場人物の顔を役者の似顔絵にしたのも豊国が最初であった。

代表作として前述の「役者舞台之姿絵」の他、「風流芸者身振姿絵」、『役者此手嘉志和』、『絵本役者三階興』、『絵本時世粧』などがあげられる。また肉筆画も、すっきりした江戸前の雰囲気を持っている。最も初期の肉筆画として「春の愁図」、「雪の訪問図」などがあげられる。また「菖蒲持つ女図」も初期に属す優品として著名で、まだ後年の豊国様式の確立前の穏やかな画風を示している。これに対し文化13年(1816年)作画と推定される「時世粧百姿図」(絹本二十四幅対)になると、やや目の釣上った容貌の美人で、いかにも豊国らしい作品に仕上がっている。多くの門弟を育て、幕末に至る歌川派の興隆をもたらした。享年57。墓所は三田聖坂の功運寺(大正11年〈1922年〉に中野区上高田へ移転)。法名は得妙院実彩麗毫信士。

主な門人として歌川国政歌川国長歌川国貞歌川国安歌川国丸歌川国直歌川国芳歌川国虎歌川豊国 (2代目)歌川国種歌川国綱らがあげられる。歌川広重も入門を希望したが、門生満員で断られたという。歌川派の中興の祖となった豊国はこのように多数の弟子たちを抱え、浮世絵界における最大派閥を形成した。そして、その流れは国芳を通じて大蘇芳年水野年方鏑木清方伊東深水へと続いて行った。

版元の和泉屋は、明治維新後も、教科書販売として存続した。

豊国の襲名者[編集]

  • 二代目豊国: 豊国門下の歌川豊重が豊国の養子となり、死去に伴って二代目豊国を襲名した。通称「源蔵豊国」。別号に一陽斎、一瑛斎、後素亭。作品に「風流東姿十二支」、「名勝八景」など。
  • 三代目豊国: 同じ豊国門下の初代歌川国貞弘化元年(1844年)に重ねて二代目豊国を称した。
  • 四代目豊国: 国貞の門下ではじめ二代目歌川国政、後に娘婿になり二代目国貞、明治3年(1870年)に国貞に続いて三代目豊国を称し騒動となったが、今日では四代目豊国とみなされている。通称は政吉、清太郎。別号に梅堂、一寿斎、梅蝶楼、香蝶楼、一陽斎、宝来舎。
  • 六代目豊国:(1933年生-2000年没) 印刷業を営む傍ら、90代で定時制高校及び近畿大学法学部夜間部に進学し話題となった。「大学院にも進学し、美術研究をしたい」と語っていたが、大学2年次に死去した[1][2]

作品[編集]

錦絵[編集]

「早の勘平 尾上榮三郎」 初代豊国画。
  • 「役者舞台之姿絵 高らい屋 三代目市川高麗蔵の千崎弥五郎」 大判 山種美術館所蔵
  • 「役者舞台之姿絵 やまとや 初代坂東蓑助の早野勘平」 大判 山種美術館所蔵 
  • 「風流芸者身振姿絵」
  • 「風流七小町略姿絵 あふむこまち」 大判 城西大学水田美術館所蔵
  • 「市川八百蔵の源義経」 大判
  • 「十二枚続のうち水無月張物の図」 大判

肉筆浮世絵[編集]

  • 「春の愁図」 絹本着色 浮世絵太田記念美術館所蔵 劉雲台賛 寛政前期
  • 「雪の訪問図」 絹本着色 浮世絵太田記念美術館所蔵
  • 「五大力図」 絹本着色 浮世絵太田記念美術館所蔵
  • 「湯屋へ行く美人図」 絹本着色 浮世絵太田記念美術館所蔵 享和年間
  • 「町娘図」 絹本着色 浮世絵太田記念美術館所蔵
  • 「岩井粂三郎と瀬川菊之丞」 絹本着色 浮世絵太田記念美術館所蔵 三世瀬川菊之丞賛
  • 「月下頭巾の美人図」 紙本着色 浮世絵太田記念美術館所蔵
  • 「うちわ持つ美人図」 絹本着色 浮世絵太田記念美術館所蔵
  • 「遊女図」 紙本扇面 東京国立博物館所蔵 寛政10年‐12年
  • 「桜下遊女図」 絹本着色 東京国立博物館所蔵 寛政中期
  • 「炬燵美人図」 絹本着色 東京国立博物館所蔵 享和年間
  • 「二美人図」 紙本着色 東京国立博物館所蔵 寛政中期
  • 「山東京伝画像」 絹本着色 東京国立博物館所蔵 文化末期
  • 「円窓美人図」 絹本着色 出光美術館所蔵 寛政10年頃
  • 「海浜美人図」 絹本着色 出光美術館所蔵
  • 「月下美人図」 紙本着色 ニューオータニ美術館所蔵 文化後期    
  • 「二美人図」 絹本着色 千葉市美術館所蔵 文化末期
  • 「海女図」 絹本着色 千葉市美術館所蔵 文化末期‐文政初期
  • 「曽我の対面」 紙本墨画淡彩 千葉市美術館所蔵 天明9年
  • 「海浜遊歩図」 紙本墨画淡彩 千葉市美術館所蔵 寛政12年‐享和元年頃
  • 「菖蒲持つ女図」 絹本着色 MOA美術館所蔵 寛政中期
  • 「御殿女中図」 紙本着色 奈良県立美術館所蔵 文化年間
  • 口紅」 絹本着色 デトロイト美術館所蔵 寛政12年‐文化2年

絵本[編集]

  • 『絵本時世粧』 町屋や花街を中心に当時(寛政年間)の女性風俗を描いた色摺り絵本。
  • 『役者此手嘉志和』
  • 『絵本役者三階興』

脚注[編集]

  1. ^ 西日本新聞社「歌川豊国さん」
  2. ^ “歌川豊国さん(法学部) 97歳で逝去”. 近畿大学大学新聞. (2000年12月1日). http://www.ecp.kindai.ac.jp/press/419/students/utakawa.htm 2013年2月6日閲覧。 

参考文献[編集]

  • 藤懸静也 『増訂浮世絵』 雄山閣、1946年 250〜259頁 ※近代デジタルライブラリーに本文あり。
  • 吉田漱 『浮世絵の見方事典』 北辰堂、1987年
  • 楢崎宗重編 『肉筆浮世絵(化政~明治)』〈『日本の美術』250〉 至文堂、1987年
  • 稲垣進一編 『図説浮世絵入門』〈『ふくろうの本』〉 河出書房新社、1990年
  • 飯島虚心(玉林晴朗校訂) 『浮世絵師歌川列伝』 中公文庫、1993年

関連項目[編集]