鳥居清長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
『美南見十二候 九月 漁火』 天明4年(1784年頃)

鳥居 清長(とりい きよなが、 宝暦2年〈1752年〉 - 文化12年5月21日1815年6月28日〉)とは、江戸時代浮世絵師。鳥居派四代目当主。鳥居派の代表的な絵師。

来歴[編集]

『美南見十二候 六月 座敷の遊興』 天明4年(1784年頃)

鳥居清満の門人。江戸本材木町(現在の日本橋)の書肆白子屋関口市兵衛の子。関氏。俗称は市兵衛(一説に新助)。屋号は白子屋。住んでいた場所から「新場の清長」とも呼ばれた。

明和4年(1767年)に細判紅摺絵でデビュー。19歳より清長を名乗り(初めの号は長兵衛とされる)、安永1772年1781年)年間に110点程の細判役者絵を残している。安永7‐8年(1778年1779年)頃から次第に鳥居派風を脱し、当時流行していた勝川春章らの似顔絵的な役者絵の影響を受けて紅摺絵から細判の錦絵に変わるが、役者絵の制作はすくない。代わって中判の美人画黄表紙挿絵の制作が増えてくる。黄表紙は安永4年(1775年)から描き始め、天明2年(1782年)まで120点余りの作に挿絵しており。この時期の作画の中心であった。

「江戸のヴィーナス」[編集]

鳥居派は役者絵を専門とする画派だが、むしろ清長の本領は一世を風靡した「美南見十二候」、「風俗東之錦」、「当世遊里美人合」などの美人画にある。美人画は初め細身で繊細な鈴木春信や北尾重政礒田湖龍斎の作風を学んでいるが、天明1781年1789年)期になると次第に諸家の影響を離れ、写生に基づく堅実な素描をもとに、八頭身でどっしりとした体つきの健康的な美人画様式を創り上げた。また美人画の背景に、現実の江戸風景を写実的に描いたのは清長が最初であるとされる。大判二枚続、三枚続の大画面を使いこなし、現実的な背景に美人を群像的に配する清長の作風は美人風俗画と称され、後の大判続物発展の基礎を築いた。続物でありながら単体でも、全体を繋げて鑑賞しても破綻なくまとめられており、清長の高い手腕が窺える。

その他天明期の画業に、所作事の場面の背景に必ず長唄常磐津連中などを書き込んだ「出語り図」を30点以上残し、舞台面をそのまま取入れた大判役者絵も描くなど、一段とリアルな作品を残した。また肉筆浮世絵も数は多くないが悉く優品で、彼の資質、力量を伝えている。特に「真崎の月見図」は代表作として知られている。隅田川の上流の真崎の渡し辺りの茶店で床机に腰を掛け、満月の清光を浴びる女性たちを描いており、月の光は水に良くたとえられるが、その光が水量豊かな川面に広がっている背景の爽やかさが印象的な作品である。

天明5年(1785年)、師である清満が没すると孫の庄之助が成長するまでの中継ぎとして、二年後の天明7年(1787年)鳥居家四代目を襲名する。その後は美人画からは遠ざり、鳥居派の家業である看板絵や番付などの仕事に専念し、晩年になると黄表紙、芝居本、絵本などに力を注いだ。享年64。墓所は墨田区両国の回向院。墓石は無く、過去帳のみ残る。法名は長林英樹居士。

清長の門人として、鳥居清峰鳥居清政鳥居清元 (2代目) がいる。

鈴木春信喜多川歌麿にはさまれた天明期を中心に活躍し、それらや後の写楽北斎広重と並び六大浮世絵師の一人として、今日世界的に高く評価されている。

代表作[編集]

濱屋 川岸の涼み 平木コレクション
女湯の図

錦絵[編集]

肉筆浮世絵[編集]

春画[編集]

清長の春画作品の中で最も知られた作。序文末尾に「自惚」という珍しい印が押されていることから、清長自身も本作に自信を持っていたことが窺える。縦12cm、横約67cm(最大73cm)という非常に横長の珍しい形式で描かれているが、トリミングの妙で窮屈さや違和感のない画面に仕上げている。大首絵を思わせる豊かな表情と抑えた色使いで、性の悦びと充足感を描ききった春画史上に残る名品。
  • 「色道十二番」(しきどうじゅうにつがい) 大判錦絵折本十二枚組 天明5年(1785年)
  • 「時籹十二鑑」(いまようじゅうにかがみ) 中判十二枚組

黄表紙[編集]

  • 『名代干菓子山殿』画

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]