鳥居清満

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
二代目坂東彦三郎のしだの小太郎。宝暦9年(1759年)秋市村座の『敵討最上稲荷』より。初代清満画。
鳥居清満画「軽業師だるま男」。江戸時代

初代 鳥居清満(しょだい とりい きよみつ、 享保20年〈1735年〉 - 天明5年4月3日1785年5月11日〉)とは、江戸時代初期に活躍した鳥居派浮世絵師。鳥居派三代目当主。

来歴[編集]

二代目鳥居清倍の門下でその次男といわれる。俗称を米三、亀治または亀次郎。鳥居派の伝統的な画法を遵守し宝暦時代の後期から明和期に鳥居派で活躍、役者絵美人画を描いた。黒本黄表紙など草双紙挿絵番付絵、芝居看板絵等の作品が多い。四色以上の色を用いた多色の一枚絵も残す。また肉筆浮世絵にも才を広げている。紅摺絵に秀作が見られるが、殊に大々判の「百人一首」の女性群像などが良く、その力量が窺える。あぶな絵には清楚なエロティシズムが溢れていて頽廃的なところが無いので、見るべきものが多い。絵看板においても新機軸を出した。享年51。墓所は豊島区の染井墓地。法名は広善院要道日達信士。

鳥居家歴代中で鳥居清広鳥居清長鳥居清経鳥居清秀鳥居清久鳥居清近など最も多くの門人も育てており、鳥居家の隆盛時を作った。後「清満」の名は三代続いた。

作品[編集]

  • 「枕相撲」 大判 紅摺絵 江戸東京博物館ベルリン国立アジア美術館所蔵 江戸東京博物館所蔵品には丸屋小兵衛の版元印あり ベルリン国立アジア美術館品には版元印なし
  • 「初代中村富十郎の白砂」 大細判 紅摺絵 キヨッソーネ東洋美術館所蔵
  • 「榊山三五郎の芦屋の月若丸友春」 大細判 紅摺絵 キヨッソーネ東洋美術館所蔵

初代以降の清満[編集]

二代目[編集]

天明7年(1787年) - 明治元年11月21日1869年1月3日

初代鳥居清満の孫。江戸の人。鳥居清長の門弟。通称は庄之助、亀次。別号に青竜軒。初名を初代鳥居清峰。初代没後文化12年には二代目を相続。草双紙の挿絵、美人画を多く残す。清満時代は歌舞伎の看板絵、番付絵が多く現存する。鳥居派5代目当主。

三代目[編集]

天保3年12月14日1833年2月3日) - 明治25年(1892年8月19日

二代目の長男。江戸の人。通称は亀治、栄蔵。初名を鳥居清芳。父に習い、明治元年に三代目を相続し鳥居家六代目家元となる、歌舞伎の看板絵、番付絵を描いた。

参考文献[編集]

  • 藤懸静也 『増訂浮世絵』 雄山閣 1946年 101〜102頁 ※近代デジタルライブラリーに本文あり。
  • 吉田漱 『浮世絵の見方事典』 北辰堂、1987年
  • 神戸新聞社他編 『キヨッソーネ東洋美術館所蔵浮世絵展』 神戸新聞社、2001年
  • 「大浮世絵展」企画委員会編 『大浮世絵展』 読売新聞社、2014年

関連項目[編集]