ジョン・ソーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Thomas Lawrence John Soane.JPG

ジョン・ソーン(Sir John Soane, 1753年9月10日1837年1月20日)はイギリス新古典主義建築を代表する建築家

オックスフォードシャーのGoring-On-Thamesで生まれる。ヘンリー・ホランドなどの下で建築を学ぶ。また1771年にロイヤル・アカデミー・オブ・アーツ(王立芸術院)に入学、優れた成績を残し、奨学金を得てイタリアで学ぶチャンスを掴む。

1777年にローマに移るが、最終的に仕事が見つからず、1780年にイングランドに戻りイースト・アングリアに落ちつく。1788年、ロバート・テーラーen:Robert Taylor (architect)(1714–1788)に次いで、代表作となるイングランド銀行の建築家に就任。1806年、ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツの教授になった。1831年にナイトの称号を得た。

代表作にはイングランド銀行のほか、自邸がある。古代の建築部材や彫刻などのコレクションがあり、現在、サー・ジョン・ソーンズ美術館として公開されている。

作品[編集]