久保田米僊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

久保田 米僊(くぼた べいせん、嘉永5年2月25日1852年3月15日) - 明治39年(1906年5月19日)は、明治時代の日本画家

来歴[編集]

生い立ち[編集]

鈴木百年の門人。京都錦小路東洞院西入元法然寺町生まれ。本名は久保田満寛、後に寛。幼名は米吉といった。は簡伯といい、米僊、米仙、漁村、錦鱗子、紫桜庵、塵芥頭陀などと号す。代々割烹料理店「山城屋」(「山根楼」とも伝えられる)を営む久保田音七の一人息子として生まれた。幼少から絵が好きで、寺子屋へ行っても手習いはせず、絵ばかり描いていた。矢立を腰に挿し、町内の白壁や門に勤王の志士のさらし首の絵を描いてまわり、親を困らせたようだ。家業を継がせようとする父から絵を禁じられても、深夜密かに起きて描いたという。

慶応3年(1867年)6月、日本画家の田中有美の紹介により父に内緒で、四条派の鈴木百年に師事する。更に沢渡精斎に経史を習い、京都中の貸本屋を巡り古代の歴史風俗を独学したという。明治維新の後、明治6年(1873年)第二回京都博覧会の在洛五十名の揮毫者のうちに選ばれ、「奔馬」を描く。この頃から幸野楳嶺との親交が始まり、『京都日日新聞』の挿絵を描いたり、風刺雑誌『我楽多文庫』の編集に関わる。この頃は南画が大流行しており、米僊らの写生派は困窮し、輸出用の扇や友禅の下絵を描いて糊口をしのいだ。一方、油画を試したのもこの頃とされるが、実作品は確認されていない[1]

京都画壇での活躍[編集]

明治11年(1878年)京都画壇の興隆を目指し、楳嶺・望月玉泉巨勢小石らと京都府画学校の設立を建議した。同13年6月画学校開校と同時に出仕し、翌14年同校議事及び工業委員に選ばれる。しかし、国会に請願したり、立憲改進党に加入するなど、画壇の刷新するため政治活動に熱中したのが災いし、まもなく職を辞す。師風を継いだ雄渾な画風の風景画で知られており、明治15年(1882年)第1回内国絵画共進会では京都の画人を代表して出品人総代として上京、楳嶺・原在泉らと共に審査員を務め、出品作は銅牌、絵事功労賞を受ける。同17年(1884年)第2回内国絵画共進会展では、豊臣秀吉名護屋城の陣に取材した「朧月夜」を出品し最高賞の銀章を受賞して世に知られるようになる。以後、内国勧業博覧会でも受賞を重ねている。主に、歴史画風俗画漫画小説の挿絵を描いている。

米僊、外国へ[編集]

明治22年(1889年)私費でフランスに渡り、パリ万国博覧会に「水中遊漁」で金賞を受賞、ギメ東洋美術館に「年中行事絵巻」を寄贈してローヤル・アカデミー賞を贈与される。渡欧中に林忠正と交流し、渡辺省亭に次いで早い時期にフランス遊学も果たした。一方で、『京都日報』に旅行記をスケッチとともに寄稿し、帰途に立ち寄ったベトナムサイゴンの風物を『米僊漫遊画乗』としてまとめて刊行している。同年暮れには、楳嶺と共に京都美術協会の結成にも尽力した。

「大日本帝國萬々歳 成歡襲撃和軍大捷之図」 水野年方画。画面右に米僊と息子金僊が描き込まれている

翌24年(1890年)には徳富蘇峰の誘いにより、上京して國民新聞社に入社。同社で挿絵を描くかたわら、桜田町に「司馬画塾」という塾を開き後進を育てる。明治26年(1893年)のシカゴ万博に「鷲図」を出品し授賞(この博覧会では授賞の等級は設けられていない)。更に報道記者として同博覧会の様子を描き、木版画図譜『閣龍世界博覧会美術品画譜』(大倉書店)として出版された。翌明治27年(1894年)、日清戦争中には従軍画家として『日清戦闘画報』(全十編及び凱旋編一編、大倉書店)を描いて名を上げた。これらの幅広い活動によって、画家だけでなく各界の人々との交流を広げており、特に森鴎外根岸派文人たちとは親しかった。鴎外が演劇脚本『日蓮聖人辻説法』を執筆する際、時代考証に関して米僊が相談にあずかったという[2]

失明─「百事休せり」[編集]

反面、明治20年代末頃から絵画一筋に研鑽を重ね実力をつけてきた東京画壇の若手や竹内栖鳳らの作品を目の当たりにし、手を広げすぎ散漫になった自らの画風を内省し始める。そんな折の明治30年(1897年)、岡倉天心納富介次郎に該博な見識を評価・懇願され、石川県立工芸学校の図案絵画科の教授として赴任する。彼の地で心機一転、落ち着いて制作に励もうとした矢先に眼病を患い、明治33年(1900年)完全に失明する。画家にとって失明は致命的であり、米僊自身「百事休せり」と嘆じている。以降は主に俳句狂歌都々逸評論活動で心を慰め、明治35年(1902年)その見聞録を『米僊画談』として纏めた。代表作として、「半葛捨身」などが挙げられる。東京芝の自邸で胃癌のため死去、享年55。辞世の句は、「ほととぎすそのあかつきの沙羅双樹、天地寂寞、是空是真、有耶無耶、明日一輪稲妻の雫、土器(かわらけ)の別れかな」、また臨終前日に「ひとなみの 世間相場の五十年 どうやら五年利子もつもりぬ」と詠んだ[3]青山霊園で執り行われた葬儀には500名余が参列したという。墓所は京都市河原町二条の専修寺京都別院(1947年罹災し、右京区鳴滝音戸山町に移転、現在墓を確認できず)。また遺言により、嵯峨野祇王寺にも分骨され供養塔が立ち、傍らに畏友の米僊と同じ祇王寺に葬るよう臨んだ金子静枝の墓がある。

子と門弟[編集]

長男の久保田米斎も日本画家で舞台芸術家。次男の吉太郎(1875年-1954年)は、金僊と号しており、19歳の時に父とともに上京、国民新聞社に入社、従軍記者になって、日清・日露戦争に参加した。 弟子に丸山古香(垣穂)一見連城田中一華福田眉仙名取春仙ヘンリイ・パイク・ブイなど。

作品[編集]

作品名 技法 形状・員数 所有者 年代 落款・印章 備考
孟母断機図 紙本墨画淡彩 1幅 京都市学校歴史博物館 1874年(明治7年)
竜虎図 紙本淡彩 1幅 石川県立美術館
蔦もみじ 絹本著色 1幅 京都国立近代美術館 1882年(明治15年)
大楠公・義貞公誠忠之図 紙本著色 六曲一双 石川県立美術館 右隻:1882年(明治15年) 左隻:1883年(明治16年)
明兆大涅槃図制作と猫の図 東福寺 1884年(明治17年)
若冲居士 1幅 相国寺 1885年(明治18年) 若冲没後85年忌における相国寺での供養と展観に際し、近所の古老の追憶談を元に生前の容貌を推定して描いた肖像画
新島襄先生臨終之図 絹本著色 同志社社史資料センター 1890年(明治23年)
郵便現業絵巻 絹本著色 上下2巻各6場面計12図 郵政博物館 1893年(明治26年) 同年のシカゴ万博に出品するために依頼され制作した作品。その中の図から、1991年に62円切手2枚続の記念切手や、2007年に80円切手3枚続の特殊切手が発行されている。
海陸戦斗図 絹本著色 双幅 高岡市立博物館 1894年(明治27年) 「平壌攻撃図」と「黄海海戦図」の双幅
岩上鷲図・波濤千鳥図 紙本金地著色 衝立2基 東本願寺 1895年(明治28年) 阿弥陀堂後堂所在
漢江渡頭春光・青石関門秋色 六曲一双 所在不明 1895年(明治28年)
馬山斥候図 紙本著色 1幅 石川県立美術館 1897年(明治30年)
虎図屏風 紙本墨画金泥 六曲一双 京都市美術館 1897年(明治30年)
松群鴉図屏風 紙本墨画 六曲一隻 金戒光明寺

脚注[編集]

  1. ^ 星野(2014)p.81。
  2. ^ 久保田米斎 「父久保田米僊の生涯」『書画骨董雑誌』第七十七号、書画骨董雑誌社、1914年、p.30。
  3. ^ 原田(1985)p.207

参考図書[編集]

論文
  • 福永知代 「久保田米僊の画業に関する基礎的研究(1) 『絵嶋之霞』の作品分析を中心に」、『お茶の水女子大学人文科学紀要』55号、2002年
  • 福永知代 「久保田米僊の画業に関する基礎的研究(2) 久保田米僊と日清戦争─『国民新聞』におけるルポルタージュを中心に」、『お茶の水女子大学人文科学紀要』57号、2004年
  • 竹内有子 「久保田米僊とデザイン ─クリストファー・ドレッサーのデザイン論の受容をめぐって─」『デザイン理論』61号、意匠学会、2012年1月31日、pp.63-76
  • 森光彦 「久保田米僊筆《孟母断機図》(元尚徳中学校蔵)について─教育における絵画の「用」─」『京都市学校歴史博物館研究紀要 第一号』 2012年6月、pp.6-11
  • 森光彦 「久保田米僊が描いた二つの遊戯図─唐子と園児─」『京都市学校歴史博物館研究紀要 第二号』 2013年6月30日、pp.19-25