ビルトモア・エステート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビルトモア・ハウス
ビルトモア・ハウス
所在地: アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ノースカロライナ州アシュビル
座標: 北緯35度32分22.74秒 西経82度33分3.42秒 / 北緯35.5396500度 西経82.5509500度 / 35.5396500; -82.5509500座標: 北緯35度32分22.74秒 西経82度33分3.42秒 / 北緯35.5396500度 西経82.5509500度 / 35.5396500; -82.5509500
建設: 1889-95
建築家: リチャード・モリス・ハント
フレデリック・ロー・オルムステッド
建築様式: シャトースク
運営者: 私有
NRHP登録番号: 66000586 [1]
NRHP指定日: 1966年10月15日

ビルトモア・ハウスは1889~1895年にアシュビルノースカロライナ)の近くにジョージ・ワシントン・ヴァンダービルト2世 (1862年 - 1914年)によって建てられたフランスのルネッサンス形式の大邸宅である。

175,000平方フィート(16,300m2)あり部屋数250でアメリカ合衆国で最も大きな個人邸宅である。

ヴァンダービルトの子孫のうちの1人によってまだ所有されており、アメリカ黄金時代の象徴の1つとされている。

2007年、米国建築家協会が実施したランキングで第8位に選ばれる。

歴史[編集]

1880年代のアメリカ黄金時代の全盛期、ウィリアム・ヘンリー・ヴァンダービルト (1821年 -1885年)とマリア・ルイザ・キッサム・ヴァンダービルト(1821年 - 1896年)の末っ子であるジョージ・ワシントン・ヴァンダービルト2世はノースカロライナ州アッシュヴィルに母親と定期的に訪れ始める。 彼の兄と姉妹がちょうどその頃豪華なサマーハウスをロードアイランド州ニューポートニューヨーク州ハイドパークに建設し、彼はアッシュビルの風景と気候がとても気に入り夏に住むことに決め、ここを『リトル・マウンテン・エスケープ』と呼び、ヨーロッパ建築を模すことにする。 この時点でヴァンダービルトは森林を含む4,100haに及ぶ広大な敷地を所有していた。 彼は以前ヴァンダービルト一家の様々な家を設計したリチャード・モリス・ハントブロワ城を含むいくつかのロワール渓谷の城をモチーフにを設計するよう依頼。 最善を尽くしてフレデリック・ロー・オルムステッドも雇用し、田園的な3マイル(5km)のアプローチを含む敷地を設計。 このプロジェクトにおいてオルムステッドはギフォード・ピンショー(Gifford Pinchot)という若手を森林管理の責任者に任命し二人で森林の科学的な調査を行った。彼らは単一種のみの植栽や大規模な伐採を制限し森林の多様性を維持しようとした。二人の仕事はその後の森林管理のあり方に大きく影響を与えた。 合衆国政府に初めて森林局ができたときピンショーは初代の局長となった。このプロジェクトにおいて二人は二つの重要なアイデアを提示した。ひとつは森林の科学的調査でありもうひとつは森林の多面的な利用である。彼らは動植物を保全するとともにレクリエーション用地の提供と水源の維持,大気の浄化,木材の生産などを同時に達成しようとしたのである。 また、後にアメリカで初の林業教育プログラムを確立したカール・シェンクも森林を管理するために雇われ、1898年に敷地内のビルトモア森林学校を開校。 独自に科学的林業プログラム、養鶏場、牛飼育場、養豚場、乳製品販売店を建築、独立村(現在のビルトモア・ヴィレッジ)として教会も含む。 ヴァンダービルト一家は華やかな場所にしようと国を越えて家族や友人を招待。 著名客には作家のイーディス・ウォートン、小説家のヘンリー・ジェイムズ、大統領のウィリアム・マッキンリーウッドロウ・ウィルソンリチャード・ニクソン、そしてチャールズ皇太子などがいる。

彼は家業や投資にほとんど注意を払わず、ビルトモア・エステートの建設および維持が彼の遺産の多くを減少させたと考えられている。彼が1914年に緊急の虫垂切除術から合併症で亡くなり、妻のイーディス・ヴァンダービルトは連邦政府に彼の遺言通り保全を条件に125,000エーカー(507km)のうち85,000エーカーを売却し、ピンショー国有林の中心となる。

ビルトモア・エステートは現在約8,000エーカー(32km2)の広さでフレンチ・ブロード川により半分に分断される。ジョージ・ワシントン・ヴァンダービルト2世の曾孫であるウィリアム・A・V・セシル経営のビルトモア・カンパニーによって所有される。1964年、アメリカ合衆国国定歴史建造物に認定。酪農場はビルトモア・ファームとしてウイリアム・セシルの弟ジョージ・H・V・セシルに分割され、前の酪農小屋はビルトモア・ワイナリーとなった。

観光名所[編集]

世界恐慌による経済を強めようとして、ヴァンダービルトの唯一の子、コーネリア・ストイフェサント・ヴァンダービルトと彼女の夫、ジョン・アマースト・セシルは1930年3月にビルトモア・ハウスを一般に公開。ヴァンダービルト一家は1956年までそこで生活をし、住宅博物館として一般に公開。世界中からの来客は70,000ガロン(265立方メートル)の屋内のプール、ボウリング場、当時の運動器具、二階建ての図書館、美術品や家具や19世紀には珍しかったエレベーターや強制的空気暖房、中央で制御される時計や火災報知器やインターホンシステムなどに満たされた部屋に驚嘆させられる。湖底から雨水を汲み上げるパイプなども含む。毎年100万人以上の訪問客があり、ノースカロライナ西部の主な観光名所となっている。

ビルトモア・ハウスの他、敷地内のおよそ75エーカー(30ha)のフォーマルな庭園、ワイナリーなどがあり、ホテルは213室ありAAA(アメリカ自動車協会)で四つ星を受ける。

『ルイ15世の部屋』は修復して2009年に一般公開、2012年には『オークの部屋』と2階のリビング・ホールの修復が計画されている。

参照[編集]

Largest Historic Homes in the United States (英語)

映画[編集]

いくつかのメジャー映画のロケで使用された。

脚注[編集]

  1. ^ National Register Information System”. National Register of Historic Places. National Park Service (2006年3月15日). 2009年12月30日閲覧。

外部リンク[編集]