アーバーダーン危機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アーバーダーン危機(アーバーダーンきき、Abadan Crisis)は、1951年から1954年イランアングロ・イラニアン石油会社英語版(AIOC)のイラン国内の資産を国有化し、アーバーダーンの都市にある石油生産設備から西側諸国を追い出したことにより発生した。イギリスはイランの政権転覆のための策略を検討し、戦争に近づく状況となった。

アメリカ合衆国は当初静観し、イギリスとイランの仲介を試みた。これが変化したのが1953年ドワイト・D・アイゼンハワーが大統領となった際のことである。彼は、東側陣営との対立(冷戦)の遂行を考えており、CIAにイランの政権転覆を命じた。その結果、民族主義者として知られたイラン首相モハメド・モサデグエイジャックス作戦英語版: TPAJAX Project[1])で失脚し、CIAとMI6皇帝モハンマド・レザー・パフラヴィーに国の実権を握らせた。

1954年8月に、アングロ・イラニアン石油会社は、国際コンソーシアムの配下に置かれ、その株式のうち40%を5つのアメリカ系メジャーが8%ずつ等分した。残りの株式は、イギリスの英国石油が40%、ロイヤル・ダッチ/シェルが14%、フランス石油会社が6%を保有した。

しかし、アメリカ系の独立石油会社は作戦の開始に興味を持ち、イランとAIOCの混乱が続いているのを傍観していた[要出典]。そのため独立石油会社が国際コンソーシアムから排除されることになった際に、これらの会社は怒りを示した。これらによりフーバーはメジャーの株主に、保持している割り当て分の1%ずつ(5社で計5%)を放棄するように説得した。そして、国際コンソーシアムにおけるそれらの権益はアメリカ系の独立石油会社に分配された[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ 作戦名はギリシア神話の英雄アイアースを意味する

関連項目[編集]

外部リンク・参考文献[編集]