田代祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

田代祭(たしろまつり)とは2ちゃんねる田代まさしが大きな話題になったこと。ネットでの投票推進運動が展開された。2001年12月ごろから始まった。

タイム誌のパーソン・オブ・ザ・イヤーへのネット投票[編集]

2001年12月9日に、田代まさしが男性の風呂場覗きにより逮捕され、同11日には覚醒剤所持・使用により再逮捕された。田代は過去にも女性の下着の盗撮の容疑で書類送検された前歴があったため、2ちゃんねる上で大きな話題となった。

2ちゃんねるではその後、ニュース速報板などを中心に、「タイム」誌の「パーソン・オブ・ザ・イヤー」に田代(登録名はMasashi Tashiro)を1位にしようと、同誌ウェブサイトの投票ページへの大量投票が組織的に行われた。同ウェブサイトでは多重投票が可能なシステムとなっており、手動による多重投票はもちろん、スクリプトやツールなど(「砲」と呼ばれる)を利用した多重投票も行われた。

「砲」とは、httpクライアントを利用した投票を効率よく繰り返すためのツールで、多数開発・公開された。代表的なものに「田代砲」などがある。これらは2ちゃんねる上で「田代兵器」と呼ばれた。これらの「田代兵器」が多数の2ちゃんねらーによって同時使用されたため、同ウェブサイトは一種のDoS攻撃を受けた状態となり、サーバーがダウンする事態に至った(なお、スクリプト「田代砲(田代兵器)」そのものにおける詳細な解説は、荒らしプログラムを参照されたい)。

最終的に「Masashi Tashiro」は、同ウェブサイト上の投票でオサマ・ビンラディンに約2倍の差をつけて1位を獲得した。他にも同ウェブサイトでの投票結果には、ローマ教皇ハドリアヌス7世(Pope Hadrian VII)[1]といった実在しない人物や、この年手首の故障で活躍できなかったノマー・ガルシアパーラ(Nomar Garciaparra)、さらにはナザレのイエス(Jesus of Nazareth)といった明らかに悪ふざけと思われる人名が名を連ねる結果となった。結果、不正な組織票が投じられたと言う事実は明らかであったことから投票は中止され、同年のアメリカ同時多発テロ事件でリーダーシップを発揮したルドルフ・ジュリアーニニューヨーク市長がパーソン・オブ・ザ・イヤーに選出された。

なお、タイム誌パーソン・オブ・ザ・イヤーのウェブサイトへの組織的な投票としては、1998年にプロレスラーのミック・フォーリーが大量投票された前例がある。

その後の影響[編集]

この騒動によって2ちゃんねる内にお祭り会場板が開設された。2002年以降のタイム誌のパーソン・オブ・ザ・イヤーでは、雑誌編集側が指定した人物への投票に限定するようになり、読者が新しい人物を設定して投票できないように投票方式が改良された。

その後も2002年度のタイム誌アジア版の「アジアのヒーロー」(2002 Asian Heroes)の投票[2]2003年度の東京帽子協会主催「ハットグランプリ2003」の投票などでも「田代まさしをインターネット投票で一位にする」という運動が行なわれ、Yahoo! JAPANのアーティスト・楽曲検索ランキングで上位が田代まさしやシャネルズ、ラッツ&スターで独占されたこともあった。電波2ちゃんねる(現:ちゃんねるぼっくす)のアンケートコーナー「せろ〜ん調査」ではあらゆるアンケートに田代まさし関連の項目が作られ、過重投票により電波2ちゃんねるサーバーをダウンさせたほどであった。その後同サイトはサーバーを交換して復旧するが、せろ〜ん調査はこのいたずらのせいで閉鎖された。これらの行為は極めて悪質であるが、同一人による多重投票が可能であることなど、ネット投票における問題点に就いても指摘する声が一部であった。

「オリジナル☆ランキング」(現「オリラン」)でも田代で荒らす者が後を絶たず、利用者からの苦情等で「オリラン」と名を変えリニューアルをする事態にまでなった。

2009年4月1日に「ニコニコ生放送」で西村と田代の生対談が行われた際に、「田代祭」や「田代砲」について、田代は8年の時を経て初めて公の場に対して自身の感想を残した[3]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ フレデリック・ロルフ(en:Frederick Rolfe)の小説『ハドリアヌス七世』(en:Hadrian the Seventh)に、主人公として同名の人物が登場する。
  2. ^ 田代まさし、鈴木宗男、西村博之、小平邦彦ゴージャス松野稲垣メンバーなかやまきんに君(なぜか Kinnikun Nakamura として投票された)、モーニング娘。ドラえもん佐々木健介月宮あゆなどを上位にしようと集中投票の呼びかけがなされる。
  3. ^ 田代まさし生アーカイブ公開!」、ニコニコニュース。騒動に対するコメントは、分割された3つ動画のうち2本目の8分頃から。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]