Microsoft Publisher

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Microsoft Office Publisher(マイクロソフト・オフィス・パブリッシャー)は、マイクロソフトWindows向けに販売している簡易DTPソフトウェア。

概要[編集]

当初は Microsoft Solution Series (Microsoft Money, Microsoft Works, Microsoft Publisher) の一部として発売されたが、後にMicrosoft Officeの一部として上位エディションにバンドルされ、単体でも販売されている。

Microsoft Wordのような論文やビジネス文書などの内容重視の文書ではなく、名刺チラシグリーティングカード・特殊形状の用紙など、見た目を重視する文書の作成に向く。Adobe InDesignCorelDRAWQuark XPressなどの他のDTPソフトに比べ、Word・Excelと同じ操作感であるほか費用が安い。Publisherはかつてから、Microsoft Office XP以降に実装されている「作業ウィンドウ」とほぼ同一のシステムがあった。

いわゆるページ物の制作ではWordより優れた機能がそろっている。またフォントを「平成明朝」「平成ゴシック」などに設定すると、PDF形式で出力して、Illustratorで編集できる。

日本語版2003バージョンまでは小冊子のページ設定で「右から左のページ順」があり、日本語の縦書き小冊子の見開きレイアウトが可能だった。しかし、2007バージョンからはこの項目は削除され、日本語縦書き小冊子では見開きのレイアウトが困難になった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]