エンカルタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エンカルタ(Encarta)は、マイクロソフトが製作・販売していた電子百科事典日本では、「マイクロソフト エンカルタ 97」として発売したのが最初である[1]。以後、毎年改訂版を発売していた。形態にはソフトウェア版と、オンライン版の二種類がある。ソフトウェア版は「マイクロソフトエンカルタ総合大百科」で、そしてオンライン版は「MSNエンカルタ百科事典」という商標。2006年度版より、個別企業名が項目から外された。

2009年3月31日、マイクロソフトは同製品に関連する全ての商品の打ち切りを発表した[2]。6月でソフトウェア版の販売を終了し、10月31日に各国版での「MSNエンカルタ」のサービスを終了する。なお、日本のみ12月31日の終了となっており、いずれもテクニカルサポートは3年間継続されるとしていた[3]が、日本でのエンカルタ総合大百科2009のサポート終了日は2012年1月10日[4]

ソフトウェア版[編集]

Microsoft エンカルタ 総合大百科
開発元 マイクロソフト
対応OS Windows
種別 電子百科事典
公式サイト エンカルタ サポート ページ
テンプレートを表示

Microsoftエンカルタ総合大百科CD-ROMまたはDVD-ROMで提供していたエンカルタ百科事典のソフトウェア版。コンピュータの特性を生かし、画像音声映像を組み合わせ、World Wide Webと同様の操作感覚で閲覧・検索できるのを特徴とする。進研ゼミ会員の特別版として、「マイクロソフト エンカルタ 総合大百科 進研ゼミ特別版」がある。

オンライン版[編集]

MSNエンカルタ百科事典
URL
日本語版トップ
jp.encarta.msn.com/[リンク切れ]
タイプ オンライン百科事典
分野 限定なし
閲覧 有料
運営元 マイクロソフト
営利性 あり
現状 閉鎖

MSNエンカルタ百科事典は、同社のオンラインサービスであるMSNを通じて提供していたエンカルタ百科事典のオンライン版。

注記[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]