Microsoft Azure

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Microsoft Azure Platform
開発元 マイクロソフト
種別 クラウドコンピューティング/(PaaS/IaaS)
公式サイト http://www.microsoft.com/japan/windowsazure/
テンプレートを表示

Microsoft Azure Platform(マイクロソフト・アジュール・プラットフォーム)は、マイクロソフトクラウド プラットフォーム (PaaS/IaaS) である。

2008年のProfessional Developer Conferenceで発表され[1]2009年末までのサービス開始前の評価期間を経て、2010年1月に世界21ヶ国で正式にサービスを開始した。2014年3月26日(日本時間)、旧称であるWindows Azure(ウィンドウズ・アジュール)からMicrosoft Azureへの名称変更が発表された[2]

概要[編集]

Windows Azure Platformはマイクロソフトのデータセンターにあるクラウド プラットフォームで、アプリケーションとデータをホストしている。アプリケーションの動作環境(Windows Azure)と、Windows Azure AppFabric(旧名称は.NET Services。クラウドのミドルウェア サービス)、SQL Database(クラウドのRDB)を提供する。

Windows Azureは、Compute、Storage、Fabricという3つを核に構成する。Computeは計算資源を提供するサービス、Storageはスケーラブルなストレージ サービス(BLOB、テーブル、キュー)を示唆する。Windows Azureのホスティング環境は、Fabric Controllerと呼び、個々のシステムのリソース、ロード バランシング、複製、アプリケーションのライフ サイクルをホストしているアプリケーションが明示的に対処することなく自動的にネットワーク中に共同で使用するようにする。加えて、ストレージ サービスのような大部分のアプリケーションが必要とする他のサービスを提供する様になっている。Fabric上は、Windows Azure Platformの一部のサービスをアプリケーションは利用できる様になっている。商用サービス開始当初は公式機能以外のインストールが必要なコンポーネント(たとえば帳票作成やPDFファイル生成用コンポーネント)を利用することはできなかった。しかし、VMロール(Windows Azure Virtual Machine Role)の提供(2012年現在ベータリリース)や、起動前処理を行えるように機能拡張された為、これまでWindows Server OS上で動作していたアプリケーションの多くをWindows Azure上でも稼働できるようになっている。

開発者はRESTHTTPXMLを組み合わせたAPIを使用して Windows Azure が提供するサービスと対話を行う。サービスと対話を行うライブラリはクライアントサイドにもマネージド クラス ライブラリで提供される。Windows Azureでホストされるアプリケーションの開発と発行はVisual StudioといったIDEを使用して行う。

Windows Azure 実装[編集]

Windows Azure Platformは特化されたオペレーティングシステム Windows Azureを用い"fabric layer"を実行する。"fabric layer"とは、マイクロソフトにてホスティングされたクラスタであり、Windows Azure上にて動作するアプリケーションへの計算資源およびストレージの割り当て、および管理を行う。Windows Azureは開発中は"Red Dog"というコードネームで知られ、Windows Server 2008とカスタム化されたHyper-VであるWindows Azure Hypervisor上の"cloud layer"として説明されており、サービスの仮想化を行うものである。

SQL Database[編集]

SQL Database(旧称SQL Azure)は、SQL Server 2008をベースに開発されたクラウド上の関係データベースエンジンである。SQL Server 2008をベースに開発が行われているため、SQL Serverに対応したアプリケーションやツールとの親和性が高く、SQL Serverで使用していたツールがそのまま使用でき、SQL Databaseへの移行が比較的簡単におこなうことができる。

SQL Azure Reporting / Data Sync[編集]

SQL Azure Reporting は、SQL Databaseと連携をするクラウド上のレポーティングサービス。2010年に米国で開催されたMicrosoft PDC2010にて発表された。オンプレミスのSQL Server Reporting Serviceをベースにしており、Business Intelligence Development Studioといった既存の開発ツールを使用しSQL Azure Reportingにデプロイできると発表されている。

SQL Azure Data Syncとはコーディング不要な SQL Database の同期機能のことである。

これらの機能は現時点ではCTP版となっており、Microsoft Connectから申請を行う必要がある。

Windows Azure Marketplace[編集]

Windows Azure Marketplaceは、多様な商用・非商用データ(人口統計や金融情報など)といったコンテンツを保持しているプロバイダ(パブリッシャ)が容易に販売することができるオンライン上のマーケットプレースである。利用者はWindows Azure Marketplaceを通じ、検索・共有・購入等を行うことができる。また通常データはODataを通じて提供され、アプリケーションからの利用も可能となっている。

Windows Azure Marketplaceにはデータを提供するWindows Azure Marketplace Dataセクションと、Windows Azure Platformに関連する多様なカテゴリのサービスやアプリケーションを提供するWindows Azure Marketplace Applicationsセクションの2つが存在する。Windows Azure Marketplace Dataは2010年に米国で開催されたMicrosoft PDC2010にて正式リリースされた。またWindows Azure Marketplace Applicationsは、2011年7月10日に米国で開催されたMicrosoft Worldwide Partner Conference 2011にて正式リリースがアナウンスされた。

セキュリティについて[編集]

データは海外のデータセンターに置かれる事になり、情報漏えいや、海外にデータを置くことによる問題などが指摘されている(当然のことながら、Amazon EC2Google App Engineなどの競合サービスも同様である)。海外にデータを置く問題とは、例えば何らかの事件があってFBI(=米国の連邦捜査局)にデータをすべて没収される可能性などである。 日本国の法的な問題によりデータを国外に保管できない場合等、仮想ネットワーク[3]を用いてVPN環境を構築し、Windows Azure の海外データセンタと日本国内のデータセンタを接続することで対応できる。日本国内で Windows Azure を利用する場合、富士通が日本国内のデータセンターにWindows Azureを提供しており、[4][5]。マイクロソフトによると、Windows Azure は アプリケーション開発者およびサービス管理者向けのセキュリティを強化する仕組みがあるとしており、公式サイト[6]にて関連情報を公開している。更に、2014年中に日本リージョンが利用可能になる予定[7]であり、日本国内でも Windows Azure の利用する選択肢が増えることになる。

制限事項[編集]

  • SQL Databaseの容量
    • データベース数はMasterDBを含む最大150個(ユーザDBとして新規に作成できるのは最大149個)[8]
    • ユーザ割当領域は、Web Editionでは1GBか5GB、Business Editionで最大150GB(10GB、20GB、30GB、40GB、50GBと10GB区切りで選択可能)使用できる[9]

その他[編集]

日本マイクロソフトでは、Windows Azureをマンガ形式で紹介する「クラウドガール -窓と雲と碧い空-」を、2011年5月23日から公開している[10]

出典[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]