KIN (携帯電話)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

KIN(キン[1])は、マイクロソフトシャープが共同開発し、2010年5月より販売を開始したスマートフォンのシリーズ。

アメリカ合衆国では2010年5月に発売されており、ベライゾン・ワイヤレスの携帯電話網で利用可能。ヨーロッパではイギリスドイツイタリアスペインで秋頃からの販売が予定されており、ボーダフォン網での利用に対応するとされていた[2]。しかし、6月30日にヨーロッパ展開を中止し、開発チームはWindows Phone 7に統合すると発表された[3][4]。ただし、アメリカでは、引き続き現行モデルの販売は継続されるとしている。

概要[編集]

KINの最大の売りは「ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の利用に特化したユーザインタフェースを備えている」ことである。「KIN Loop」と呼ばれる待ち受け画面には、facebookMySpacetwitterなどのサービスから自動的に情報を収集・表示する機能があり、またそれらのサービスに容易にアクセスすることができるとされている。

またクラウドコンピューティングの技術も活用しており、「KIN Studio」と呼ばれるクラウドサービスでは、ユーザの携帯電話のメール・通話履歴・写真・動画などが自動的にバックアップされることになっており、マイクロソフトでは「容量不足は絶対に起こらない」としている[2]。また「KIN Studio」でクラウド側に保存されたデータは自動的に整理され、PC等からアクセスすることも可能。

この他、同じマイクロソフトのZuneの技術を利用した各種音楽サービスなども提供される予定だった。

スペック[編集]

当初は「KIN ONE」と「KIN TWO」の2機種が提供される。KIN ONEは片手操作、KIN TWOは両手操作を想定したモデルとなっている。

通信方式はBluetooth 2.1及びIEEE 802.11b/gに対応するほか[5]、米国モデルではCDMA2000 1x EV-DO Rev.Aに、欧州モデルではW-CDMAにそれぞれ対応する。

KIN ONE KIN TWO
寸法 67.7 x 84.15 x 18.75mm 111.06 x 60.05 x 15.6mm
画面サイズ 2.6型QVGA液晶 3.4型HVGA液晶
カメラ画素数 約500万画素 約800万画素
内蔵メモリ 約4GB 約8GB
内蔵スピーカー モノラル ステレオ
その他 静電式タッチスクリーン、QWERTYキー、GPS、FMラジオ

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]